11月11日(日) | 三国酢造株式会社

安芸の国のお酢バナ

”お酢バナ”に花を咲かせましょう~
満席になりました。
安芸の国のお酢バナ

日時・場所

2018年11月11日 10:00 – 12:00
三国酢造株式会社, 日本、〒739-0615 広島県大竹市元町2丁目1−1

イベントについて

「お酢」と聞いて、どのようなイメージが湧きますか?

「お酢は身体に良い」と一度は聞いたことがあるかもしれません。

毎日の料理に、お祝いのお寿司、お鍋にぽん酢など、

日本人に昔からなじみ深い調味料の一つでもあるお酢。

その歴史は長く、なんと紀元前5000年頃には、

すでに存在していたと言われており、世界各国でも楽しまれています。

しかし、どうやって造られているのか、

意外と知らない人も多いのではないでしょうか。

そこで!今回は大竹市にある、昭和3年創業の「三国酢造」で、

代表取締役の 国木 昭宏さんにお酢のアレコレを聞いてみましょう!

お話を聞いたあとは、実際に工場を見学。

お酢好きにはたまらない、爽やかな香りがしますよ。

原酢にこだわり、独自の調合で造り続けてきた「三国酢」は、

臭みがなくまろやかなのが特徴で、天然甘味料の上白糖のみを使用し、

90年間変わらぬ自然な味わいを大切に守り続けています。

お酢の製造工程の見学と共に、

三国酢を飲みながら、”お酢バナ”に花を咲かせませんか?

【授業の流れ】

09:45 受付開始(授業開始の15分前)

10:00 授業開始

・国木社長のお話

「三国酢造の歴史と今」

・酢造見学

・試飲・試食

11:45 記念撮影・レポート記入

12:00 授業終了

【定員】 ※申込締切 11月10日(土)12:00まで

10名(先着順)

【集合場所】

三国酢造株式会社

(JR大竹駅またはJR和木駅より歩いて20分程度)

公共交通機関でお越しください。

大竹の街並みを散策しながら、三国酢造までお越しくださいね。

<先生> ----------------------- -----------------------

国木 昭宏/三国酢造株式会社 代表取締役

1967年大竹生まれ。

物静かな少年であったが、15の頃、音楽に目覚め長髪に。

18の時に神戸へ、その後22で上京。テレビ番組制作会社に就職。

全力でディレクターを目指す。しかしながら25の時にバイク事故で長期入院。

これをきっかけに大竹に戻り、家業であった三国酢を継ぐ事を決意。

創業90年の変わらぬ味を守りつつ、新しいモノを作り出す。

そんな志しで25年、今に至る。

<教室> ----------------------- -----------------------

三国酢造株式会社

昭和3年創業。 創業者は今回の先生、昭宏さんの祖父重明さん。

もともとは九州の洋裁店で修行していたが体調を崩し、広島に帰郷。

その後、医師から酢が体に良いことを勧められ、

自らが製造することを決意し、国木造酢場を立ち上げ三国酢ブランドで製造を開始。

現在は、昭宏さんと工場長の信孝さんが兄弟二人三脚の体制で盛りたて、

変わらぬ味を引き継いでおり、地元の人に長年愛され続けている。

Website: http://www.sangokusu.com/

(授業コーディ―ネーター 黒木真由)

満席になりました。

このイベントをシェア