8月05日(日) | CLiP HIROSHIMA

第三世代が考えるヒロシマ「 」継ぐ展を体験しよう!「おりづると、ヒコーキ」~川本省三さんにきく、ヒロシマのはなし~

被爆体験を聞く授業を開催します。
申込受付終了しました
第三世代が考えるヒロシマ「 」継ぐ展を体験しよう!「おりづると、ヒコーキ」~川本省三さんにきく、ヒロシマのはなし~

日時・場所

2018年8月05日 13:00 – 15:00
CLiP HIROSHIMA, 日本、〒730-0053 広島県広島市中区東千田町1丁目1−18

イベントについて

東京在住の30代のクリエーター達が中心となり、

若い世代や親子連れに向けた平和学習の場所を提供し、

戦争体験者と非体験者をつなげることを目的に開くイベント、

『第三世代が考えるヒロシマ「 」継ぐ展』(http://tsuguten.com/)。

これまでに東京(中野)、横浜(みなとみらい)、

東京(世田谷)での開催を経て、今年は仙台がメイン会場、4度目の開催です。

昨年からサテライト会場として、CLiP HIROSHIMAにて展示やイベント、

灯ろう流しアプリの体験等を行っています。

今年は7月29日(日)~8月5日(日)までの期間で開催します。

映画「この世界の片隅に」の上映や各種トークイベントを行う等、

戦争を体験していない世代にしかつくることのできない、参加して学べるヒロシマ企画展です。

ひろしまジン大学では、昨年からコラボ授業として、被爆体験を聞く授業を開催しており、

今回は、川本省三さんのお話を聞きます。

原爆のあと、原爆孤児として生き延びてきた子ども達の姿を知る川本さん。

小さい頃お母さんに教えてもらった思い出の紙ヒコーキを一緒につくります。

今改めて街に刻まれた記憶に触れ、ヒロシマのことを考える時間を過ごしませんか?

ぜひ、夏の平和学習に、親子で一緒に参加されてもよいかもしれません。

【授業の流れ】

12:45 受付開始

13:00 授業開始

 1.川本省三さんのお話を聞こう

 2.思い出の紙ヒコーキを作ろう

14:50 記念撮影・レポート記入

15:00 授業終了

【定員】※申込締切 8月4日(土)12:00まで

20名(先着順)

※お子様も一緒に参加可能です。

但し託児はありませんのでご了承ください。

<先生> ----------------------------------------------

川本 省三

30年近く岡山で暮らしたのち、70歳で帰広。

親や兄弟を原爆で亡くし、原爆孤児として生きてきた体験から、

本当の戦争の姿を知ってもらいたいと、70歳から語り部として活動を始める。

<教室> ----------------------------------------------

CLiP HIROSHIMA

広島トヨペットが運営する、車を売らないイベントスペース。

一階はPepper君が出迎えてくれるイベントスペース、

二階にはカフェも併設してありくつろぐことができる。

また、年間を通じて様々なイベントを展開していて、

車を買わなくても!?参加可能。

これまでの自動車会社の施設のイメージを変えるような空間になっている。

Website: https://cliiip.h-toyopet.com/

(授業コーディネーター 福岡奈織)

このイベントをシェア