7月16日(火) | 八丁座 壱・弐

【復刻シリーズ】だから映画は素晴らしい!~夢の映画館 八丁座の舞台裏へ~

復刻シリーズ第一弾は、八丁座! 支配人の蔵本健太郎さんに話を伺います。
満席のため、受付終了いたします
【復刻シリーズ】だから映画は素晴らしい!~夢の映画館 八丁座の舞台裏へ~

日時・場所

2019年7月16日 17:30 – 19:00
八丁座 壱・弐, 日本、〒730-0021 広島県広島市中区胡町6−26

イベントについて

【ジン大復刻シリーズ】で、人気授業が再び!

2011年5月に行った『だから映画は素晴らしい!~夢の映画館 八丁座の舞台裏へ』という授業の復刻です。

当時は八丁座がオープンして半年でしたが、あれから約9年。時代は大きく変わりました。

しかし、八丁座はより輝きを増しています。

授業内容も、令和の時代に開催するので、しっかりとアップデート。

先生は八丁座支配人の蔵本健太郎さん。

八丁座の生まれた経緯や想い、映画の魅力などをしっかりとお話しいただき、

全国的にファンも多い『八丁座』の中を案内していただきます。

細部までこだわり抜いて創られた『夢の映画館』のことを、

もっと学んで、もっと映画と広島を好きになりませんか?

2011年5月開催の授業の様子はこちら>>>

---------------------------------------------- ----------------------------------------------

【ジン大復刻シリーズ】では、

開校した2010年から今までに開催してきた400コマ以上の授業の中から、

ピックアップした授業を再び開催していきます!

どんな授業が復刻するのか、どうぞお楽しみに!!

---------------------------------------------- ----------------------------------------------

【授業の流れ】

17:15 受付開始

17:30 授業開始 先生紹介

 (八丁座の歩み、映画裏話etc)

 八丁座見学

19:00 授業終了、全体写真撮影   

      

【参加費】

前半の授業はカフェで行いますので、ワンドリンクオーダーをお願いいたします。

【定員】

15人

【当日連絡先】

070-5522-9638(ひろしまジン大学事務局)

※緊急のご連絡の場合のみ、おかけ頂きますようお願いいたします。

<先生> ----------------------------------------------

蔵本健太郎 (株式会社 序破急(じょはきゅう) 支配人)

1977年生まれ。(株)序破急 支配人。戦前から広島で続く映画興行会社の3代目。東京のグラフィックデザイン会社勤務を経て、2004年入社。年間300本以上の新作映画を鑑賞。

<教室> ----------------------------------------------

八丁座 壱・弐

(広島県広島市中区胡町6-26 福屋八丁堀本店8F )

アクセス:市電「八丁堀」下車、電停目の前

株式会社序破急が経営する広島市内の4つの映画館の内の2つ。 2008年に惜しまれながら閉館となった福屋八丁堀本店8階の映画館が、2010年11月26日、八丁座となって復活オープン。スクリーンは壱170席、弐は70席の2つ。 くつろぎながら鑑賞できるように座席数を半数以下にし、幅80cm、奥行87cmのゆったりとしたサイズの座席に。テーブル付で、併設のカフェで買った食べ物が持ち込み可能。 内装デザインは、日本アカデミー賞最優秀美術賞をを2度受賞した広島市出身の映画美術監督、部谷(へや)京子さんが担当。 和モダンがテーマの館内は、個性的で遊び心豊か。 その他、「壱」には「リアルD方式」の3D上映機器も備えるなど、様々な魅力を持つ。主にアート系と呼ばれる芸術性・文化性の高いものから、全国一斉ロードショー作品まで幅広い作品を手がけ、いわゆる商業ベースではない作品も上映している。

Website: http://www.saloncinema-cinetwin.jp/theater/index.html

(授業コーディネーター キムラミチタ・古川智恵美)

 

このイベントをシェア