copyright© Hiroshima Jin University Network 2019. All rights reserved.

笑って笑って健康に!~春から始める「笑いヨガ」~

2011/04/16

 

みんなで笑って体もポカポカ、知られざる笑いヨガの魅力に迫る!


桜が咲いて気持ちのいい春空の平和公園。今回はこの場所を教室として、最近広島でも耳にする機会が増えてきた「笑いヨガ」の授業を行いました。生徒さんは男性3名に対して女性が10名以上。やはり“ヨガ”は女性の関心を誘いやすいのでしょうか。参加した動機を尋ねてみると、皆さん「笑いヨガ」というキーワードが気になって来られたそうです。実は今回、僕自身も多くの生徒さんと同様に「笑いヨガ」初体験。

「そんなに面白いヨガなんだろうか?」「しっかり笑えるのだろうか?」

授業が始まる前から期待と不安で胸がいっぱいでした。でも、そんな不安を吹き飛ばしてくれるほどの満天の笑顔で Sukky先生が登場。一体どんな授業になるのでしょう?!


【屋外で開放的なセッション】

授業は 2部構成。第1部は平和公園、第2部は「Collection YOGA STUDIO」 に移動して笑いヨガを行います。まずは、平和公園内の芝生のある場所に移動してみんなで輪になった後、先生のこんな挨拶から授業が始まりました。

東北の大震災が起こってから約1か月。先生自身、“笑う”ことが不謹慎なのではないかと感じていた時期があったそうです。そんな先生を元気にしてくれた言葉。それは「お金がある人はお金を出せばいい。知恵がある人は知恵を出せばいい。力がある人は力を出せばいい。勇気がある人は勇気を出せばいい。何もない人は元気を出せばいい」というものでした。

「私にはお金も力もないけれど、元気がある。だから私はみんなに笑って元気を出してもらえるように頑張ろうと思います」。

“笑う”こと、そして授業に対する先生のまっすぐなこの気持ち。心の奥にずしんと響きました。


【セッション開始 - いざ笑う!】

最初に全員で自己紹介。順番に「出身地と名前」を言うのですが、笑いヨガは自己紹介から一味違います。拍手の代わりに、大きな笑いで相手を称えるのです! 屋外ということもあってか、最初は生徒さんも(自分も含め)笑うことに対して照れている雰囲気を感じました。そんな様子を見て Sukky先生が、「普段の生活の中に、笑うきっかけが少ない人はいますか?」と声をかけます。言われてみると、確かに普段笑っている時間は意外と少ないかも???

先生曰く、笑いヨガは「笑いの体操」。笑うことによって自然に腹式呼吸になり、酸素が多く取り込まれることでカラダが元気になるとか。そして聞いてビックリなのが、心からの笑いでも、作り笑い(ウソ笑い)でもカラダへの効果は全く一緒なこと!科学的にも健康になると立証されているのです。そんなわけで1995年にインドのムンバイで発祥した笑いヨガはみるみる広まり、今では65カ国以上で行われているそうです。

知らなかった!! よっしゃあ、そんなにカラダにいいんならドンドン積極的に笑ってやろう!と覚悟を決めました(笑)。


【作り笑いを本当の笑いに変える4つのステップ】

まずは「(1)手拍子」。両手をピン!と広げて手を叩く。これが手のツボを刺激してカラダにいいそうです。「ホッホッ、ハハハ!」という掛け声とともにリズムよく刻みます。

次に「(2)深呼吸」を大事にすること。先生によると、ストレスが溜まると呼吸が悪くなるそうです。だから意識的に深呼吸して、身体的・精神的にリラックスすることが大事だとか。

そして「(3)子どもに返るおまじない」。「いいぞ、いいぞ、イェー!」とタイミングよく挟むことで、笑いヨガ全体に流れが生まれます。

これらを意識しながら「(4)笑いの体操」をすることで、恥ずかしい気持ちを軽減し、作り笑いを本当の笑いへと変えていきます。この笑いの体操には、とにかく色んなバリエーションがありました。両手を合わせて挨拶する「ナマステ笑い」や、握手しようとして手が当たるタイミングで静電気が走るというコントのような設定の「静電気笑い」、花咲か爺さんのように花を振り撒くポーズで笑う「花咲き笑い」、みんなで手を繋いでウェーブしながら笑う「ウェーブ笑い」などなど。なんて奥が深いんだ、笑いヨガ!

時間にして30分でしょうか。最初はぎこちなかった生徒さんも心から笑っている様子。ある生徒さんが呟いた「こんなに長い時間笑うのは人生で初めてかも」という言葉のとおり、そろそろ僕も腹筋が痛くなってきました(笑)。なにやら、10分大笑いをすると30分有酸素運動したのと同じ効果があるとか。うーん、笑うってスゴイ! 最初は笑いのウォーミングアップという感じだったけど、笑うことにエンジンがかかってきて、いつの間にか「なんかよくわかんないけど面白い」と言う状態になっていました。

第1部を終了し、次の教室に歩いて移動。“笑い”を通じて打ち解けてきたのか、初対面の生徒さん同士、おしゃべりが弾んでいました。僕も移動中に「君の笑いは心地よくさせる笑い方だ(笑)」って褒められて、なんだか妙に嬉しかったです。


【第2部は、室内ならではのセッション】

「Collection YOGA STUDIO」 は、喧騒な電車通り沿いに面しているにも関わらず、一歩中に入るとたちまち静寂に包まれる場所。大きな窓から光が射しこむ心地よい空間の中で、Sukky先生が生徒さん一人ひとりに前半の感想を聞いていきます。

「かなり全身運動ですね」。
「笑うことを普段許してない自分に気付いた」。
「笑うだけで体がポカポカ、こういうヨガもあるんだ」。
「照れがあるけど、笑いがあると初対面の人ともリラックスできる」。
「溜まったものが全て出ちゃった感じ。気付かないうちにストレス溜まってたのかな」。
など様々な感想が出ましたが、皆さんに共通していたのは、これからの日常の中に“笑い”をどう取り入れていきたいかという視点でした。前半のセッションを通して、笑うことの気持ちよさや大切さを体感されたのでしょう。


【笑いの連鎖を感じる】

笑いヨガの勢いはまだまだ止まりません。後半のセッションは室内ならでは、そして皆がいるからこそ出来るものが中心でした。
例えば「オペラ笑い」は、4つのグループに別れてそれぞれ擬音語「ビビビ」「ドドド」「バババ」と声を出し、先生がそれを指揮してハーモニーを作り上げて笑います。
皆で一列になり、それぞれの足の間に腰を下ろして行う「ボート漕ぎ笑い」は、笑いを前後の人に繋げたり、ドミノのように後ろに倒れたりしながら笑う体操。
「横並び笑い」では、人のお腹の上に頭をのせてジグザグに連なって笑うので、自分の頭の下の人が笑うと腹直筋が揺れるのがダイレクトに伝わってくる。

まるで童心に帰ったみたいでとても楽しい! 普段2~3 人位で笑うことはあっても、こんなに大人数で笑うことは少ないですよね。皆で集まって笑うことは思った以上に気持ちよくて、「笑いが連鎖する」という感覚も味わいました。

一通り笑った後は、みんなで輪になって仰向けに。 深呼吸しながらリラックスすると、体中・全身の力が抜けていきます。さっきまでの教室とは打って変わっての静寂。自分の呼吸や意識がどこにあるかをSukky先生の声に従って一つずつ確かめていきます。とても穏やかな気分。最後は、先生が挨拶して、盛大な拍手、ではなく盛大な笑いで幕を閉じました。

授業を終えて思ったのは、笑うって簡単なようで奥が深い、でもとってもシンプルだということ。シンプルであるがゆえに日常生活の中では意外と気づきにくかったりする。だから意識的に“笑う”時間ときっかけを設けることは、色々つらい情報が入ってきたりすることが多い今だからこそ、とっても大事だなぁ、と思いました。

ちなみに5月1日は「世界笑いの日」。平和公園や福山など各地で定期的に「笑いヨガ」のイベントが行われています♪

「笑う門には福来たる!」。皆さんも辛いとき、仲間と一緒に「笑いヨガ」で笑ってみてはいかがですか?

(ボランティアスタッフ 夏目和晃)

 

 

------------------------------------------------------------
<授業詳細>

2011年04月16日(土) 12時00分 ~ 14時00分   

教室:平和記念公園

 

大きな震災で日本が弱っている今。
「笑うこと」に臆病になっていませんか?

新生活が始まる”春”は目の前です。
今だからこそ、思いっきり笑うことで健康にならなくちゃ!

今回は様々なメディアで話題を呼んでいる「笑いヨガ」の授業を行います。

「ヨガ未体験なんですが…」
「ジョークが必要なの?」
「体が硬いんだけど…」

そんな心配は一切不要です。

「笑いヨガ」は「笑いの体操」と「ヨガの呼吸法」を取り入れた、誰にでも出来る新しいエクササイズ。
1995年にインドのお医者さんが開発し、いまや世界65カ国、幅広い年齢層の人々に愛されている、
日常生活にとても取り入れやすい健康法なのです。

先生に迎えるのは、広島を代表するヨガスタジオのひとつ
SHANTI YOGAのSukky先生。

運動としての「笑い」が、心と体を豊かにしてくれます

明るい笑顔に包まれた授業をきっかけに、
広島から日本を元気に!

さぁ、春からの新生活を「笑いヨガ」でスタートしましょう!


【授業の流れ】
11:30 受付開始(授業開始の30分前)
12:00 授業開始 笑いヨガについての説明、自己紹介
12:15 セッション前半開始
12:45 教室を移動 ⇒Collection YOGA STUDIO
13:00 セッション後半開始
14:00 授業終了


※笑いヨガのセッションは屋外を予定しています。
動きやすく、もし汚れても支障がない服装でお越しください。

【集合場所】
広島平和記念資料館 1階入口付近

【持ち物】
動きやすい服装でお越しください。
タオル、飲み物
※ヨガマットは不要です。

【入場】
集合場所へは、授業開始時間までに必ず集合して下さい。
なお、10分を超えて遅刻された場合は受付終了となり、授業へ参加することが出来ませんのでご注意下さい。
当日キャンセルの場合、下記の連絡先にご連絡下さい。

【交通手段】
お車、自転車でお越しの際は、近隣のパーキングをご利用下さい。


(授業コーディネーター 沖田菜津子)
 

 

 

<先生>

Sukky / SHANTI YOGA スタッフ

服飾専門学校を卒業後、東京に本社を置くアパレルメーカーでプレスとして活躍。3年前に広島に帰省し、人との縁がきっかけで、SHANTI YOGAに入社した。管理部門として勤務する傍ら、2010年2月に「笑いヨガ」の世界へ。同年9月にはその開発者であるインド人医師カタリア博士にも出合い、指導資格も取得。広島での数少ない指導者として、笑顔の旋風を巻き起こしている。

 

 

 

<教室>

平和記念公園

住所:広島市中区中島町1番2号
・広島バス/吉島方面行きで、「平和記念公園」下車 徒歩1分
・市内電車/「中電前」下車 徒歩5分
・市内電車/「原爆ドーム前」下車 徒歩5分
 

広島市中心部にある平和都市ひろしまを象徴する公園。世界に向けて、過去の過ちを繰り返さないよう、人類の平和を願い訴えている。

 

 

 

カテゴリ:【体育/コミュニケーション】
言 語 : 日本語のみ
定 員 :10人

参加対象:どなたでも

 

 

 

Share on Facebook
Share on Twitter
Please reload

最新記事

Please reload