copyright© Hiroshima Jin University Network 2019. All rights reserved.

西条酒蔵ゼミナール

2011/05/14

2011年05月14日(土) 13時30分 ~ 16時30分   

教室:亀齢酒造

 

広島の新しい特産品を『酒蔵ゼミ』が開発します!!

日本中どこへ行っても
地元の個性を生かした名産品や特産品が
お土産売り場を埋め尽くしている光景を目にします。
中でも、その地方の特色を生かして作られたスイーツは
思わず手が伸びてしまいますよね☆

今回発足した『西条酒蔵ゼミナール』は
東広島市観光協会とひろしまジン大学とのコラボ企画。

メインキャンパスは東広島の西条・酒蔵通り。

過去の授業で酒蔵巡りをした"吟醸酒のふる里"で
経験豊かなパティシエールと一緒に
新しい『ご当地スイーツ』の商品開発に取り組みます。

とはいえ、確定しているのは、「甘酒」を使うという事だけ。

後は、参加していただくゼミ生達でアイデアを出し合い
☆スイーツの種類
☆パッケージング
☆キャッチコピーetc…
全てに渡ってジン大がプロデュース致します!

全4回にわたるゼミを経て
完成させたジン大スイーツは
24万人の来場者を集める『酒まつり』にて販売も決定。

我が子とも言える完成品を
自らの手で送り出すところまで立ち会って頂きます。

目標は、孫の代まで語り継がれるような
西条を代表する『特産品』を生み出すこと。

歴史ある酒蔵通りの新たなる一歩。
この素晴らしいドラマの出演者になってみませんか??


【西条酒蔵ゼミナール・第1回目の流れ】

13:00 受付開始(ゼミ開始の30分前)
13:30 ゼミ開始

1.亀齢酒造へ移動後、ゼミの説明、ゼミ長決定!
→ゼミ全体の流れ、目標などを全員でシェアする。
2.お酒の話 ~発酵・醸造編~
→先生紹介の後、お酒造りのお話。
3.甘酒作り学習
→甘酒を作る工程を学ぶ。
4.甘酒試飲
→実際に甘酒を飲んでみて、どんな特産品が生まれそうかをイメージする。
5.特産品の案だし・投票
→全員から出た案の中から、投票して上位3つを決める。
 ※次回、この3種類を実際に作ります!

16:30 ゼミ終了

<<今後の西条酒蔵ゼミナール予定は…>>
●第2回目
 パティシエールの先生と実際のスイーツ作り&日本酒利き酒講座
●第3回目
 完成したスイーツお披露目とネーミング決定!酒蔵通りでのパッケージ写真撮影
●第4回目
 酒まつり本番に備え、酒まつり実行委員会の歴史講座。実際の販売について経験者話や作戦会議。



【集合場所】
JR西条駅南口 バス乗り場前

【持ち物】
甘酒を作りますので、
汚れが気になる方はエプロンをご持参下さい。
また手をふくタオルもご持参ください。

【注意事項】
※こちらの授業は5月14日、6月11日、7月9日、9月10日(ゼミ4回)、
10月8,9日(酒まつり当日の2日)を含めた、計6回の約半年かけたゼミになっております。
原則、全ての回に参加できるようお願い致します。

【入場】
集合場所へは、ゼミ開始時間までに必ず集合して下さい。
なお、10分を超えて遅刻された場合は受付終了となり、ゼミへ参加することが出来ませんのでご注意下さい。
当日キャンセルの場合、下記の連絡先にご連絡下さい。

【交通手段】
お車、自転車でお越しの際は、近隣のパーキングをご利用下さい。


共催: (社)東広島市観光協会
協力: グランラセーレ東広島

(授業コーディネーター 野田夏梨)


ひろしまジン大学のゼミナールとは?

通常の授業より専門性の高いゼミナールは
少人数制で、複数回に渡って取り組むプロジェクト形式の活動です。
教える側・学ぶ側を明確に分けず
設定したゴールに向かって、双方向での学習、研究を行います。

<教室>

亀齢酒造

住所:広島県東広島市西条本町8-18
 

明治30年頃、「亀は万年」の言葉のごとく長命と繁栄を願って命名。全国的にみて甘口の多い広島県において辛口のお酒を作る蔵元。蔵には毛利家の家臣を示す家紋も。

 

 

カテゴリ:【ゼミ】
言 語 : 日本語のみ
定 員 :10人

参加対象:※原則、全ての回に参加できる方を優先いたします。 (商品開発に興味がある方/日本酒、または西条が好きで仕方が無い方)

 

Share on Facebook
Share on Twitter
Please reload

最新記事

Please reload

​アーカイブ