広島人アプリ決定戦 ~人気アプリベスト100を遊び倒せ~

ベスト広島人アプリはどれだ!?

梅雨の足音が聞こえる雨雲の下、スマートフォンの連続セミナー第1回が開講。 100個のアプリから広島人に合うベストアプリを選び出すというグループワークです。 教室は、広島屈指のお洒落スポット『45(キャラントサンク)』 現在、期間限定のスマートフォン・レストランとして話題を集めています。 学生は受付後、5つのグループに分かれて自己紹介タイム。 今回はスマートフォンと同機能を持ちながら ディスプレイの大きなタブレット端末を使っての授業。 一度もスマートフォンを触った事のない初心者から すでにバリバリ使っている上級者まで、 タブレットでお互い写真を撮影しながら、和やかムードでコミュニケーション。 定刻になり、佐藤先生の簡単スマートフォン講義へ。 『androidとは、携帯電話の名前ではなくパソコンで言うOSのこと』 『アプリ同士、様々な機能の連携がとりやすい』 『現在、爆発的スピードでアプリの数が増えている』 『スマートフォンの特徴や魅力、androidとは何か?』など。 映像を使いながらわかりやすく教えてくれました。 真剣に耳を傾ける学生達から「なるほど~」という声も聞こえます。 続いて、広島人アプリ決定戦がスタート。 今回はセレクトされたアプリ100個を、5つのタブレットにダウンロード。 5人組のグループごとに、20個のアプリを検証していきます。 僕の入ったグループは ・音声を変えるボイスチェンジャー ・お好み焼きをひっくり返す動画アプリ ・写真をいろいろ加工できるアプリ ・歴史的人物のクイズ・アプリ などなど。 情報検索や音声入力、お絵描きからゲームまで、 アプリによってタブレットの使い方が、180度変わるのが面白い。 最初はおっかなびっくりタッチパネルを触っていた初体験者も 笑顔と一緒にドンドン慣れて行くのが分かります。 検証も一段落した頃、お店の絶品スイーツを食べながらの最終会議。 楽しく意見をぶつけ合いながら、各グループのBESTアプリを絞り込み。 個性的なアプリ揃いだけに、なかなか頭を悩ませます。 ベストアプリの発表は、持ち時間4分のプレゼンテーション大会。 グループごとに選ばれたアプリがコチラです! ・ボトルメッセージ ガラス瓶に詰めた手紙を海に流すように、メールを不特定な誰かに送るロマンティックなアプリ。授業の時間内で流したメッセージ(もみじまんじゅうネタ)に、どこかの知らない誰かから返信アリ!というサプライズも。 ・お絵描き伝言 制限時間内にお題の絵を描き、隣の人に回す。その絵を見て次の人に分かる様に絵を描いて回す…。コレを繰り返して最後の人が回答すると言うパーティー用アプリ。プレゼンでは、お題「牡蠣~かき~」から、最初に牡蠣イカダの絵を書いてしまい爆笑の展開へ。 ・ラーメンなう ラーメン店に特化した店舗検索・ナビゲートアプリ。"ご当地ラーメン"をMAPで検索しながら、口コミ情報を見る事も出来ると言うすぐれもの。広島では「お好み焼きなう」も便利なのでは?という提案も盛り込まれていました。 ・SkyMap GPSで現在地を検索して、星空を映し出す星座発見アプリ。プレゼンはなんと芝居仕立て。シチュエーションは黄金山。カップルが夜空を見上げながらSkyMapを使って星座探し。タブレットを触りながら二人の距離を近づけるという実用的な内容に拍手喝采! ・GoogleEarth 自由自在に地球を探索できるという人気アプリ。3Dの建物、画像、地形を表示する迫力の映像に大興奮。検索機能を使うことで、流川通りに『自由の女神』を発見するなど、広島県内の新たな新名所に出会えるかも? そして、審査委員長の佐藤先生に選ばれた"ひろしま人アプリ"は…… ・ボトルメッセージ 広島の魅力をダイレクトに発信できるという面白さと、限られた授業時間内に広島を宣伝したグループの行動力が、ベストアプリに選ばれた決め手でした。 まだまだ、触り足りない!と思うくらい、あっという間に時間が過ぎた今回の授業。 アプリの多様性やアイデアを直接体験することで、進化するスマートフォンの未来を強く感じました。 (ひろしまジン大学スタッフ キムラミチタ)

------------------------------------------------------------ <授業詳細>

2011年05月28日(土) 14時30分 ~ 17時30分

教室:45(キャラントサンク)&bis”あわ”

ポケットの中の未来! 爆発的に人気を集めている『スマートフォン』 近未来的なフォルムと自分色にカスタム出来る拡張性の高さは 今、最も注目を集めているアイテムと言っても良いでしょう。 しかし… 「スマートフォンって何が出来るの?」 「興味はあるけど、自分でも使えるだろうか?」 「最近スマートフォンにしたけど、まだよく分からない!」 と言う声も良く聞きます。 そんなアナタのために ひろしまジン大学がスマートフォンの連続授業を開講します! 初回は『広島人アプリ決定戦』 数十万といわれるAndroidアプリの中から 人気のアプリを厳選し、あらかじめ100個ダウンロード! エンターテイメント、交通、スポーツ、音楽、ビジネスなど 無限の楽しさを秘めているアプリを自由に楽しんでもらいながら 広島の街や人にぴったりな『広島人アプリ』を ジン大生徒の皆さんで、勝手に決定しちゃいます! 先生には、広島在住でAndroidアプリの開発を手掛ける システムエンジニアの佐藤慎也さん。 初心者からヘビーユーザーまで スマートフォンを楽しんでもらえる授業です。 急速に進化を遂げているスマートフォンの世界へ この授業で、一歩足を踏み入れてみませんか? *この授業はdocomo SMARTPHONE×45による『EAT IT!』とのコラボ企画です。 【授業の流れ】※5/17に修正いたしました最新版です。 14:00 受付開始 14:30 授業開始 14:40 スマートフォン使い方講座 15:10 班に分かれてAndroidタブレットを使ってアプリ体験 17:00 各班によるベストアプリを発表 17:30 授業終了 【集合場所】 45(キャラントサンク)&bis”あわ” 【持ち物】 ※Androidタブレットを貸し出しします 【入場】 集合場所へは、授業開始時間までに必ず集合して下さい。 なお、10分を超えて遅刻された場合は受付終了となり、授業へ参加することが出来ませんのでご注意下さい。 当日キャンセルの場合、下記の連絡先にご連絡下さい。 【交通手段】 お車、自転車でお越しの際は、近隣のパーキングをご利用下さい。 (授業コーディネーター 木村アズミ)

<先生>

佐藤慎也 / システムエンジニア

1974年広島生まれの広島育ち。 IT関係の会社に勤務し、インターネットを活用した業務システムの設計・開発を行っています。 会社業務の他にインターネット関係の勉強会などに積極的に参加し、現在は「広探ゲーム」のプロジェクトメンバーとして「広探ゲーム」のシステム開発を行っています。 「おもしろき こともなき世に おもしろく」をモットーに、面白い事に全力で取り組んで広島の街を楽しくする為に頑張っています。

<教室>

45(キャラントサンク)&bis”あわ”

住所:広島市中区袋町1-18 アクセス: 広電「本通電停」、「立町電停」下車

広島の情報発信拠点でもあるurabukuro(裏袋)に位置する「45キャラントサンク」は、ワインをテーマとした居酒屋。広島の伝統ある懐石「太田荘」の場所を継ぎ、フランスワインや自然派ワインをはじめ、 サルシッチャ(自家製ソーセージ)や牡蠣料理、 広島のおいしい野菜を使った品々など、 様々な料理とワインを気軽に楽しんで頂けるお店です。 website:http://www.jellyfish.bz/shop/hiroshima/45/45.html

カテゴリ:【 コミュニケーション / テクノロジー】 言 語 : 日本語のみ 定 員 :20人

参加対象:スマートフォンに興味のある方 ※未体験者でもOK

#タグから検索

copyright© Hiroshima Jin University Network 2020. All rights reserved.