来季こそ逆襲!~2011年カープ オフ会~

2011/12/03

 

カープへの愛と情熱!


「悔しい」「やれん」「はぁ」
思い返せばそんな言葉が先にたってしまう、
今季も5位という残念無念な成績に終わった我らが広島カープ。
悔しさとやるせなさを抱えたカープファンの学生が、カープのメッカ、
「MAZDA Zoom-Zoom スタジアム広島」小会議室に集いました。

寒空の下、集合時間にぞろぞろと集まってくる学生さんたち。
会場に着いてユニフォームに着替える姿もちらほら。
年齢も性別も様々で、授業開始まで少しだけ重い空気。
そりゃそうですよね、今年のカープ、明るい話より反省モードですもん(笑)

今回は「来季こそ逆襲!~2011年カープ オフ会~」と題して
広島アスリートマガジン編集長 古高崇幸氏、
広島ホームテレビアナウンサー 榮真樹氏、
HFM 『DO THE CARP』AD 新庄谷隆氏
のお三方を先生としてお招きし、
カープファンの集い、もとい、反省会(笑)なる授業を行いました。

まずは受付で今シーズンのズムスタでの観戦数を聞き、
回数を基にバランスよく3つにグループ分け。
最高では37試合も観戦された方がおられました!
3人の先生がそれぞれのグループに付き、
好きな選手、観戦記録を基に自己紹介をし、グループディスカッション。

テーマは、
・今シーズンMVP選手
・来季スターティングオーダー
・こうすればカープは強くなる!

なんと3グループ中2グループが「今シーズンMVP選手」はおらん!との結果。
どのグループも「こうすればカープは強くなる!」話題に一番熱くなっていました。
機動力、2ケタ投手などのもっぱらのキーワードはもちろん、
話はコーチの配置・役割までに及びました。
『バンド禁止』『指名守備』なんていう驚きの意見も!
でも、そんな劇的な方向転換も必要かもしれませんね…。

後半は先生3人への質問コーナー。
【○】オーケー、お答えしましょう!
【×】すいません!お答えできません!
【オフレコ】お答えしますが、門外不出でお願いします!(twitter・FacebookなどもNGよ)
以上、3つの札をそれぞれ持ち、学生からの質問に答えてくださいました。

少しだけ、質問とどの札を挙げられたかをご紹介。

Q「取材などで気をつかう/やりやすい選手は?」
古高氏:【オフレコ】
榮氏:【○】
新庄谷氏:【○】

Q「もし落合監督がカープの監督になったら優勝する?」
古高氏:【○】 
榮氏:【○】 
新庄谷氏:【○】

Q「前田智徳選手の引退時期は?」
古高氏:【○】 
榮氏:【×】 
新庄谷氏:【×】

※注=「落合監督なら優勝する」「前田智徳選手の引退時期」に関しての質問に答えられるかどうか?という意味での「○」「×」です。「優勝する」=「○」という意味ではありません。

やはり【オフレコ】札には盛り上がり、真剣な面持ちで聞き入っていました。
さすがコアなファンの皆さん、きわどい質問も飛び交いました(笑)
先生方は選手と近くで触れられており、
まだ公にできない情報、個人的な情報もあるなか、最大限お答えくださいました!

最後は先生方から、来シーズン期待の選手・意気込みを語ってもらい
お開きとなりました。

先生・学生みんなに共通するのはカープへの愛と情熱!
広島に強く根付く、スポーツでありエンターテイメントであり、
市民の希望であるカープを通じて学び、交流できた一日となりました。
来季こそは!逆襲だ!!!


(ひろしまジン大学スタッフ 木村アズミ)

 

------------------------------------------------------------
<授業詳細>

 

2011年12月03日(土) 14時00分 ~ 16時00分   

教室:MAZDA Zoom-Zoom スタジアム広島

 

また、やっちゃいました。今季も5位に終わりました。
でも、順位に関係なく「カープが好き」な人に掲げる授業を企画しました。

2011年、カープは「逆襲」をテーマに掲げながら5位に終わりました。
Aクラスは1997年以来、14年連続で逃しました。
リーグ優勝は1991年以来、20年連続で逃しました。
日本一は1984年以来、27年間も遠ざかっています。

それでも、いいことだってありました。
一時は首位に立ち、交流戦直前では2位でした。
8月末まで首位と3.5差でした。

主砲、助っ人は活躍して、若手にも成長の跡が見えたシーズンでもあります。

少しずつ希望を見出せるようになりました。
今季全体を振り返り、来季へつなげよう!

先生&パネラーとして「広島アスリートマガジン」の古高崇幸編集長をお迎えします。
(今後、カープを取材した関係者数人が加わる予定です。決まり次第発表させていただきます)

「シーズンが終わって面白くない」と思っている方。
そんなカープ大好きなジン大の学生達に捧げる授業です。

2時間!カープを語り尽くしましょう!


【授業の流れ】
13:30 受付開始
14:00 授業開始
1.今季のカープおさらい
2.グループディスカッション
今季最も活躍選手を選ぼう!など
3.グループ発表
4.質問コーナー
※変更の場合があります。
15:45 記念撮影・アンケート記入
16:00 授業終了


※公共交通機関の利用、または自転車でご来場ください。なお、スタジアム南側に駐輪場がございます。
※自動車で来られる方は各自で駐車場を確保してください。ひろしまジン大学では駐車予約など受け付けていません。ご了承ください。

【集合場所】
MAZDA Zoom-Zoom スタジアム広島 正面入口(グッズ売り場前)
(JR広島駅、広電広島、的場町各電停より徒歩12分)
※会場となる小会議室には全員集合後に案内いたします。

【持ち物】
服装は自由です!お気に入りのユニホームなどを着てこられてもOKです。

【入場】
集合場所へは、授業開始時間までに必ず集合して下さい。
なお、10分を超えて遅刻された場合は受付終了となり、授業へ参加することが出来ませんのでご注意下さい。


(授業コーディネーター 中牟田 康)
 

 

 

<先生>

古高崇幸 / 広島アスリートマガジン編集長

広島市出身。生まれてから30年間、ずっとカープファン。子供のころ、中日ファンだらけのナゴヤ球場でカープの帽子を被って応援する情熱は現在も変わらない。「カープファン、サンフレッチェファン、広島スポーツファンなら『広島アスリートマガジン』を!!」。同マガジン編集長。

 

 

榮真樹 / 広島ホームテレビアナウンサー

兵庫県神戸市出身。高校時代は球児として甲子園を目指していた。プロ野球・広島東洋カープの試合実況、スポーツ番組「恋すぽ」(日曜放送)のMCを担当。 サッカー、バレーボールなど種目を問わず幅広く取材。栗原健太選手、前田健太投手、佐藤寿人選手らとの親交が厚い。

 

 

 

 

 

 

 

新庄谷隆 / HFM 『DO THE CARP』AD

広島県竹原市出身。2007年、カープ(ファン倶楽部)と広島エフエム放送のコラボレーション企画「ALL-IN小説」担当スタッフとして『DO THE CARP』にスタッフとして参加、 以後現在に至る。他にも、スポーツ選手のための食とコンディショニング組織「AFCA」の広報担当。

 

 

 

 

 

 

 

 

<教室>

MAZDA Zoom-Zoom スタジアム広島

住所:広島市南区南蟹屋2-3-1
JR広島駅南口、広島電鉄・広島電停より徒歩約10分
広島電鉄・的場町電停より徒歩約10分
 

広島東洋カープの新本拠地。高校野球や少年野球大会などでも利用されている。試合のない日には、一部開放されている場所を見学することもできる。

website:http://www.mazdastadium.jp/index.html

 

 

カテゴリ:【体育/広島人】
言 語 : 日本語のみ
定 員 :30人

参加対象:カープが好きでたまらない方、カープに言いたいことがある方

 

 

 

 

Share on Facebook
Share on Twitter
Please reload

最新記事

Please reload

​アーカイブ

Please reload

copyright© Hiroshima Jin University Network 2020. All rights reserved.