copyright© Hiroshima Jin University Network 2019. All rights reserved.

TURNING POINT ~TEE先生に学べ!人間力~

2012/08/26

 

「人生楽笑」


今1番伝えたい言葉が「I LOVE YOU」だった。
そんな想いから生まれた「ベイビー・アイラブユー」皆さんも1度は聴いたことがあると思います。その生みの親でもある広島出身の男性シンガーソングライターTEEさんに今回『人間力』を学ぶ授業として「転換期~TURNING POINT~」をテーマに講義して頂きました。

まず前半はTEE先生自身が数々体験してきた「転換期」を生い立ち年表を使ってその時の出来事をユーモアも交えながら丁寧にお話しして下さいました。
学生時代にボクシングに打ち込みオリンピック候補になりながらも怪我により挫折。
就職が決まっていたが母親の「これでいいの?」と言う言葉から自分の人生を見直し、
夢探しのアンテナを広げるためにサイコロで決めたカナダへ留学。
そこで出会った音楽が夢になり「I am musician」と言い切ってからわずか2年でデビュー。そして今も次のステップをイメージしながら進んでいる。
これほどの体験をさらっと楽しかった思い出のように笑顔でお話しするTEE先生。
私たちの想像以上に苦労や挫折、不安や迷いもあったことだと思います。
しかしTEE先生曰く、大きな壁にぶつかりながらも全ての「転換期」に共通して言えることは「この先をイメージすることが大事」だと言うこと。
壁を前に人はどうしても弱気になってネガティブ思考になります。しかし良い方向へイメージして、言葉に出す、行動に移す、想いを伝える、そして出会いを大事にする。具体的なイメージを味方にして実現化して行こうとする姿に人々や物事はおのずと惹きつけられるんだなと感じました。感心、どよめき、そして笑いの中で1時間10分のお話しはあっという間でした。

後半は生徒さんからTEE先生への質問タイム。
どんな質問にもちゃんと丁寧に考えながら答えてくれるTEE先生。
「ネガティブになった時にどうやって立ち直りますか?」と言う質問に「目をつぶって「キャンセル、キャンセル」と言い聞かせて悪いイメージは消し去ります」と魔法の言葉を教えてくれました。
「人生のヒントを頂いた」「自分のことを見直すことができた」「これから来るであろう転換期を楽しみに思えるようになった」とTEE先生の言葉で背中を押してもらったり、何か大切なことに気づいたり、それぞれに感じることがあったようで皆さんにとって良いきっかけになったようで、気がつけば笑顔が溢れる教室になってました。

魅力溢れるTEE先生の人間力。「ベイビー・アイラブユー」が私たちの胸に伝わってくるのも納得です。
きっと今頃TEE先生もワンマンライブの成功をイメージしていることだと思います。
転換期を迎えた時にどう受け入れどう進むか、しっかりイメージして自分の思う道を信じ、壁を乗り越え成長して楽しく笑ってまた次のイメージへ。まさに「人生楽笑」です。(TEE先生ブログタイトルより)

 


(レポート|ひろしまジン大学サポートスタッフ 角田茜)
(写真|ひろしまジン大学スタッフ キクイヒロシ)

 

------------------------------------------------------------
<授業詳細>
2012年08月26日(日) 13時00分 ~ 15時30分   

教室:広島市中央公民館(大集会室)

 

 

仕事、学校、恋愛、人間関係etc
人生に何度も訪れる『転換期 ~TURNING POINT~』

人間は、挫折や迷いを乗り越えて成長していきます。
そんな時に、誰かの言葉や経験が、背中を押してくれることがあるはずです。

そこで、『人間力』を学ぶ授業として、
広島出身で活躍する著名ジンによる授業を開催します。

今回の先生は、男性シンガーソングライター『TEE』。

『ONLY ONE VOICE』と評される天性のスモーキー・ヴォイスと、
元ボクサーとしてアテネオリンピック候補選手になったという異色の経歴が、
全国的に話題を呼んでいる、広島県出身の29才。

2010年にレコード会社各社争奪の末、メジャー契約。
セカンド・シングル「ベイビー・アイラブユー」は、
全国各地でヘヴィー・プレイされて超ロング・ヒットを記録。
みなさんも、一度は耳にしたことがあるハズです。
8月31日にはアステールプラザ 大ホールで、コンサートも開催!!
広島を代表するアーティストとして活躍しています。

そんなTEE先生に、『転換期』をテーマに講義をしていただきます。
広島の話、デビューの話、楽曲制作や現在の目標など
大活躍中のTEE先生が、広島で生まれ育ち、
どんな経験をして、どんな壁を乗り越えてきたのか?
そして、コレからドコへ向かうのか?

普段はメディアの向こう側にいるTEE先生から、直接学ぶ『人間力』。
きっと大切な言葉や想いを持ち帰ってもらえると思います。

もちろん、質疑応答の時間もアリ!
ファンの皆さんはクエスチョンも考えて授業に参加して下さい。

笑いあり、涙ありのスペシャル講義をご期待ください!!


【授業の流れ】
12:30 受付開始
13:00 授業開始
・講義『TURNING POINT』
・休憩&記念撮影
14:30 質疑応答
15:00 レポート記入
15:30 授業終了

【集合場所】
広島市中央公民館(大集会室)

【入場】
集合場所へは、授業開始時間までに必ず集合して下さい。
なお、10分を超えて遅刻された場合は受付終了となり、授業へ参加することが出来ませんのでご注意下さい。

【交通手段】
お車、自転車でお越しの際は、近隣のパーキングをご利用下さい。

=====================================================
※当授業は無料の学生登録をすることで、どなたでも受講できます。
ご希望の方はお申込画面へお進みください。
=====================================================

 

 

<先生>

TEE / シンガーソングライター

ONLY ONE VOICEと評される天性のスモーキー・ヴォイスと元ボクサーという異色の経歴が話題を呼んでいる、広島県出身の29才。 16才からボクシングを始め、高校、大学時代に通算6度の国体出場。 大学時代にはアテネオリンピック候補選手として日本代表の合宿にも参加するなど輝かしい実績を残し将来はプロ・ボクサーを目指すものの大学3年のときに怪我のために断念。 その後カナダへ留学し、音楽に目覚める。 帰国後09年7月にはプロデューサー今井了介氏のレーベルnanorebelよりファースト・ミニ・アルバム『Palette』をついにリリース。リード曲「Change My Life」がi‐tunesの今週のシングルに選ばれると記録的なダウンロードが話題を呼ぶ。 2010年に入りレコード会社各社争奪の末、ユニバーサルシグマとメジャー契約。 「3度のメシより君が好き」で7月にメジャー・デビュー。 10月27日にはセカンド・シングル「ベイビー・アイラブユー」、11月17日にはファースト・アルバム「Kido I Raku」をリリースした。 とくに「ベイビー・アイラブユー」は全国各地でヘヴィー・プレイされてロング・ヒットを記録。USEN J‐POP総合チャートでも2010年9月の初登場以来23週連続チャートインの新記録を打ち立て、着うたダウンロードは70万を超える大ヒットとなった。 2011年2月6日に開催された「Billboard JAPAN Music Award 2010」でも、「ベイビー・アイラブユー」で見事「New Artist of the Year 2010」(最優秀新人賞)を獲得し注目を集めた。 2011年2月23日リリースのニュー・シングル「電話で抱きしめて」も、着うたフル・デイリー・チャートで見事に初登場2日連続1位を記録。 さらにシェネルを迎えて「ベイビー・アイラブユー」を新たにレコーディング! トータル330万ダウンロード(TEE 180万+シェネル 150万)のロングセラー・ヒット「ベイビー・アイラブユー」の決定版として制作されたTEE withシェネルによる「ベイビー・アイラブユー(love with シェネル)」(新録)を含む、をテーマにしたミニ・アルバムを2011年11月9日にリリー スし、オリコンデイリーチャート最高位4位!ウィークリーチャートでは9位を獲得した、そして 2012年4月11日には、「Crystal Kay」を迎え、第2弾となる豪華コラボによる待望のニューシングル「Answer」をリリースし、話題沸騰中!!

 

<教室>

広島市中央公民館(大集会室)

住所:広島市中区西白島町24-36
アクセス:
アストラムライン利用の場合▷ 城北駅下車・徒歩3分
市内バス利用の場合▷ 広島バス23号線(横川駅〜大学病院)及び広島バス23-1号線(横川駅〜大学病院)西白島下車・徒歩3分

地域を繋ぐ教育施設の代表といえば『公民館』。広島市中央公民館は、昭和24年に、広島市の最初の公民館として開館。昭和53年に、現在の西白島町に広島市中央老人福祉センター等と併設され移転。鉄筋コンクリート、地下1階、地上4階建て(2階の一部から4階部分が中央公民館)で、広島市最大級の公民館です。

 

 

 

カテゴリ:【人間学】
言 語 : 日本語のみ
定 員 :40人

参加対象:どなたでも

 

 

 

Share on Facebook
Share on Twitter
Please reload

最新記事

Please reload