Switch on, Imagination~アートで自己表現体験~

Switch on, Imagination~アートで自己表現体験~

創作活動にはすごくすごーく興味があるけれど、自己表現が苦手。そんな私がちゃんと人前で自分を表現できるのかしら?すこしでも変われるかしら?自分の殻を破って飛び出す「きっかけ」になればと思い、受講を決断。どんな人たちが集まるのか、どんな授業なのか、ドキドキしながら今回の教室である旧日本銀行広島支店へ向かいました。 まずは、各自で「ProjectNOW!」によるヒロシマと核兵器をテーマにしたアート展示、「Birthday-03~なぜあなたは生まれたの?~」を見て歩きました。それから地下の教室へ移動。机の上には白と黒の画用紙と、糊が置いてありました。 ワークショップ1:黒い画用紙を手で丸くちぎって、白い画用紙に貼ってください。 指示はこれだけ。これが一体何になるのか?どういうものを作ればいいのだろう?とりあえず直感的に頭に浮かんだイメージを作り上げるべく、黒い画用紙をビリビリと破りました。本当はもっと大きな丸を作りたかったのですが、なかなか難しく、思っていたものと違うものに…そうするとまた違うアイディアが浮かんできて、最終的にはなんだかよくわからないものになってしまいましたが、そのままえいっ!と提出しました。 そのあと、先ほど見た展示のお話や、アートについて、先生のお話を聞きました。私たちも自己紹介をして、展示についての感想を話しました。その間、裏では、先ほど提出した作品を使った極秘プロジェクトが遂行されていたそうで、なにやら、ガンッガンッと激しい音が聞こえていました。 なんと、私たちの提出した作品は、1冊の絵本になっていました。大作です。ページを開くと、真ん中で分断された2人の作品が並ぶので、一つ一つを見たときとは違う楽しさを味わえるのがおもしろかったです。 ただ紙をちぎって貼ったもの。無意識的なものも含めた自分の意識が、他の人の意識と結びつき、新たなものが生まれる。自分ひとりで作った紙は、果たしてアートなのかどうなのか…と疑問でしたが、こうして予想もしなかったカタチで新しいものが生まれてくると、それはアートのような気がしてきます。先生がおっしゃっていましたが、「アートとは何なのだろうか」という「もやもや感」、それも含めておもしろいなと、思いました。そこには、無限の可能性を感じました。 ワークショップ2:ペア活動「小さい頃の思い出」 ひとりは、自分の小さいときの思い出を話します。ペアの人はそれを聞いて、気になったセンテンスを書き留めていき、その中の3つを選んで渡してくれます。それらのセンテンスのイメージに合う色の紙を自分でそれぞれ選んで、その文章をマジックで書きます。その後、ページの並べ方を決め、タイトルを決めて表紙を作り、1冊の小さな本を作りあげます。 全く初対面の人に思い出話をするのは不思議な感覚でしたが、選んでもらったセンテンスを使うことで、自分の意識と人の意識が交じり合って新しいものが生まれる感覚を味わうことができました。それは自分の作品だけどふたりの作品でもあり…。あとで、選んだ理由をみんなで聞いたり、本につけたタイトルの理由などを発表する時間があったのですが、そのときの和やかで暖かな雰囲気も、このワークショップから生まれたすてきな副産物だったように思います。 まさかこんなものがアートになるなんて!と思っていましたが、いただいて帰った小さな絵本(わたしの本のタイトルは「ゆらゆらぷかぷか」になりました)を眺めていると、なんだかうれしい気持ちになります。どうもありがとうございました。 (レポート|ひろしまジン大学学生 前田未央) (写真|ひろしまジン大学スタッフ キクイヒロシ)

------------------------------------------------------------ <授業詳細> Switch on, Imagination~アートで自己表現体験~

2012年11月17日(土) 13時30分 ~ 16時00分 教室:旧日本銀行広島支店

最近、空を見上げましたか? 今回の授業は、かわいい外壁でお馴染み、 パルコ西側の「キヲクの再生ビル」プロデュースも手掛けた アーティスト集団「ProjectNOW!」による ワークショップ形式のアート体験です! 「いつも空から色んなことを教えてもらう」 そう言っていたメンバーの一人、掛田智子さんと一緒に 日々の生活の中で忘れがちな 「想像する(Imagination)きっかけ(Switch)」を アートを通して探してみましょう♪ ここで言うアートとは、 絵心があるなしにかかわらず表現できる 「色」や「文字」、「形」などの組み合わせを使って行うので、 絵が苦手・・という方も楽しめる内容になっています♪ もちろん絵を描くのが好きな方も大歓迎です! 授業会場の旧日本銀行広島市支店で 当日の11月17日から20日まで行われている 「Birthday-03~なぜあなたは生まれたの?~」は、 「ProjectNOW!」によるヒロシマと核兵器をテーマにしたアート展示です。 まずはその展示を通し、 「ヒロシマの過去」と「今の自分」、 両方と向き合うことにより 答えのない自分の想いと向き合い、 言葉では言い表しにくい『もやもや感』を表現することを体験してみます。 その自己表現方法として、 同団体のメンバーで絵本作家のちからさんをお招きし、 参加者全員が画用紙にランダムに描いた「円」をつなぎ合わせ 一冊の『絵本』にします。 なんの変哲もない円の組み合わせが『絵本』になることにより見えてくるストーリーは、まさに一期一会。 当日の出来上がりが楽しみですね♪ その後、掛田さんによる色と文字を使ってのワークショップにて、 ひとりひとり、アート表現を行います。 ちなみに掛田さんとちからさんは、 今年の金環日食の際に広島市文化科学館で上映され 新感覚のプラネタリウムとして話題になった 「金環日食-金色のわっかのキセキ-」をプロデュースした メンバーの一員でもあります☆ミ そんな広島で活躍するアーティストが所属している団体「ProjectNOW!」と一緒に 日々周りに溢れているたくさんの 「Imagination(想像)」の「Switch(きっかけ)」を 見つけて帰りましょう♪ 【授業の流れ】 13:00 受付開始 13:30 授業開始・展示「Birthday-03」の説明 13:50 展示見学 14:00 ワークショップ 15:30 作品発表会 15:40 記念撮影 15:45 レポート記入 16:00 授業終了 【集合場所】 旧日本銀行広島支店1階ロビー 【持ち物】 ・ワークショップは床での作業になります。動きやすい恰好で参加ください。 ・筆記用具 【入場】 集合場所へは、授業開始時間までに必ず集合して下さい。 なお、10分を超えて遅刻された場合は受付終了となり、授業へ参加することが出来ませんのでご注意下さい。 【交通手段】 お車、自転車でお越しの際は、近隣のパーキングをご利用下さい。 【当日連絡先】 070-5522-9638(ひろしまジン大学事務局) ※緊急のご連絡の場合のみ、おかけ頂きますようお願いいたします。 (授業コーディネーター 野田夏梨) ===================================================== ※当授業は無料の学生登録をすることで、どなたでも受講できます。 ご希望の方はお申込画面へお進みください。 =====================================================

<先生>

Project NOW! / アートを通じて社会を考える場をつくっている芸術家集団。

いま核廃絶に最も近いと言われている、核兵器そのものを違法とする「核兵器禁止条約」のことをよりたくさんの人に知ってもらう為、代表の安彦がアーティストやデザイナーなどに声をかけて集まった芸術家集団。製作初期段階で決まっていたテキストがあったが、製作過程中、核兵器の存在を頭から否定する前に、まずは核について詳しく知ることで、読み手がどう考えるのか?想像力を持つことがまずは大切なのでは?という視点から、「どんな人でも手に取れるアートブックを」というコンセプトで大幅に改編。広島・長崎につながりのあるアーティストたちから「核兵器と自分」というテーマで作品を公募、詩と、核兵器の最新のデータを入れ、2011年7月にこれまでにない、核兵器のガイド的アートブック「NOW!」を完成させた。これまでに5000冊を販売。以降、本だけに限らずアート展やパフォーマンスイベントなどアートを通して社会を考える場づくりをしている

【ちから】父は酒飲み。母は大胆。僕は絵描き。兄は来年結婚予定。mokumoku-studioという実験的絵本創作ユニットで製本もする。旧日銀での一室まるごと絵本プロジェクトや、ビルに壁画を描いたり、数百人と一緒に巨大絵本を作ったりもする。夢は一家団欒。死んだら忘れてください。それまでよろしくお願いします。

【掛田智子】広島生まれ。広島市在住。 アメリカ合衆国ボストン美術館大学卒業。在学中は主に油彩とパフォーマンスアートを学ぶ。趣味はヨガとクレイジーな靴下集め。 自画像シリーズを中心に制作、発表し、自己を探求することで、他者との結びつきを見つける。一方で大学卒業後、国際NGO PEACE BOATに通訳として三回乗船、アートと国際協力の交差点を模索中。

<教室>

旧日本銀行広島支店

住所:広島市中区袋町5番21号 ■広島電鉄(路面電車): 広島電鉄宇品線・「袋町」駅下車、徒歩1分 ■広電バス: JR広島駅より3号線・広島西飛行場行き、「袋町」バス停下車、徒歩1分

1936年(昭和11年)に建てられた日本銀行のかつての営業所。 設計は、建築家・長野宇平治。地上3階地下1階、ギリシャ・ローマ建築風の古典様式で、昭和の空気をそのまま残しています。現在は「建物全体を市民主体の芸術・文化活動発表の場として活用する」という方策のもと、広く市民に貸し出し、様々な用途で使われています。現存する被爆建物の一つであり、広島市指定重要文化財。 2012年10月からの6ヶ月間、HIROSHIMA EXsiteのプラットフォームとして各種イベントが開催されています。

カテゴリ:【芸術】 言 語 : 日本語のみ 定 員 :14人

参加対象:アートが好きな方・興味がある方ならどなたでも

#タグから検索

copyright© Hiroshima Jin University Network 2020. All rights reserved.