copyright© Hiroshima Jin University Network 2019. All rights reserved.

『産みたいときと、産めるとき』 ~そのときのために いま話そう。~

2012/12/09

 

 

きっといつかやってくる時のために


女性として、一度は考えたことがある「妊娠」「出産」のこと。
巷で「妊活」という言葉を聞いたり、雑誌やテレビではちょくちょく芸能人の高齢出産に触れていたりと、馴染み深いテーマではあるものの、個人的にはしっかり考えたいような、一方でどこか避けて通りたいような、そんな期待と不安が入り混じるなか、授業がスタートしました。

今回の授業は「自分にとって産みたいと思える条件とは?」「今できること、しておくべきこと」「先生に質問!」という3つのテーマについて、

自分の考えをノートに書き込む
  ↓
5-6人のグループ内でノートのシェアとディスカッション(フリートーク)
  ↓
久松先生によるミニ講義

というサイクルで進みます。


妊娠や出産って、センシティブで重いテーマだから、みんなあまり話さないんじゃないかな…なんて思いきや、そこはさすが女子!!(笑)古民家のほっこりとした空気のなか、お互いの思いや気になることをしっかり話し、各20分のフリートークの時間があっという間に過ぎてしまうほどでした。

みんなとおしゃべりしていると、産むということそのものに対する不安だけでなく、子どもが出来てからのお金のこと、周りからのサポートのこと、職場環境のことなどなど、不安に思っていることは多様で、またお互いにかなり共通していることがわかり、どこか安心感を得ることができました。ちゃんと話してみること、共有してみることって大切ですね。

「今できること、しておくべきこと」に関する久松先生のミニ講義では、とにかく女性は生姜を摂ること!とのアドバイス。妊娠・出産に関わらず女性には冷えが大敵で、女性が取る漢方にはよく生姜が使われているのだそうです。
子宮頸がんのワクチン接種の大切さや、自分の体をもっとよく知ることの必要性などについての先生のお話のあと、お母さんのおなかの中で体を丸めて寝ていたり、あかんべぇをしていたりという胎児の4D写真がスライドで映し出されると、自然と『かわいい~!!』の声があがり、みんなの顔もほころんでいました。

そしていよいよ授業終盤、久松先生への質問タイム!
アクティブバース、ソフロロジー、無痛分娩など多様化する産み方について、産婦人科を受診するタイミングや頻度について、陣痛から出産までの時間のこと、産婦人科の選び方など、各グループから出された多岐に渡る質問に、一つ一つ丁寧にお答え頂きました。



自分の体と向き合って、今からできることを少しずつ。
今まではなんとなく避けがちだった話題を身近に感じることができた貴重な時間となりました。


もちろん帰りに生姜を買って帰ったことは言うまでもありません(笑)


(レポート|ひろしまジン大学スタッフ 平尾早織)
(写真|ひろしまジン大学スタッフ 野田夏梨)

 

------------------------------------------------------------
<授業詳細>
2012年12月09日(日) 14時00分 ~ 16時30分   

教室:寺子屋しゃんてぃ

 

 

「いつかは私もママになりたい」

そう思っても、仕事のこと、パートナーのこと、お金のこと
様々な疑問や不安が多いなか、ついつい頭の隅に遠ざけてしまいがちですよね。
どこか自分事にならないというか…

初産の平均年齢が30歳を超え、
芸能人の高齢出産がメディアで報じられることが多い今の時代。
コンビニでも「妊活」や「妊娠力」にテーマをあてた雑誌を
よく目にするようになりました。

しかし、妊娠や出産についての情報が飛び交う一方で、
過信や正確な知識の不足が女性たちを悩ませているという実態が明らかになってきています。

そんな今だからこそ、一度改めて見つめなおしてみることも必要なのかもしれません。

この授業では、廿日市市にある「ひさまつ産婦人科医院」の医院長で、
広島県産婦人科医会の会長でもある久松和寛さんを先生にお招きし、
妊娠、出産に関わる疑問や不安を本音でぶつけてみたいと思います。

また、参加者同士のグループワークでは、
お互いの悩みや不安、経験などを語り合い共有しましょう。

“いつか”のために、いまできること。
一緒に楽しく考えてみませんか?


【授業の流れ】
13:30 受付開始
14:00 はじめに / オリエンテーション
14:20 おしゃべりタイム①②
15:25 休憩
15:35 久松先生によるミニ講義 
15:55 おしゃべりタイム③
16:20 質疑応答
16:35 ふりかえり
16:45 授業終了、レポート記入

※1 今回の授業ではプライバシーに配慮し、授業レポートには参加してくださった皆様の顔が写っている写真は使用しません。
女性限定の授業です。安心してご参加ください。

※2 授業作りの参考にするため、参加者の皆様には事前に簡単なアンケートをメールにてお送りします。ご協力をよろしくお願いします。

【集合場所】
寺子屋しゃんてぃ
(広島市安佐南区古市2丁目6-1)
アストラムライン 古市駅より徒歩5分

【持ち物】
筆記用具

【入場】
集合場所へは、授業開始時間までに必ず集合して下さい。
なお、10分を超えて遅刻された場合は受付終了となり、授業へ参加することが出来ませんのでご注意下さい。

【交通手段】
お車、自転車でお越しの際は、近隣のパーキングをご利用下さい。

【当日連絡先】
070-5522-9638(ひろしまジン大学事務局)
※緊急のご連絡の場合のみ、おかけ頂きますようお願いいたします。


協賛:株式会社ベネッセコーポレーション
協力:オムロンヘルスケア株式会社


(授業コーディネーター 森本記子、木村アズミ、平尾早織)

=====================================================
※当授業は無料の学生登録をすることで、どなたでも受講できます。
ご希望の方はお申込画面へお進みください。
=====================================================

 

 

<先生>

久松和寛 / 医学博士、広島県産婦人科医会 会長

昭和22年広島市生まれ。 ひさまつ産婦人科医院院長 / 広島県産婦人科医会会長 / 日本産婦人科学会専門医 / website:ひさまつ産婦人科医院

 

 

 

 

 

<教室>

寺子屋しゃんてぃ

住所:広島市安佐南区古市2丁目6-1 
アストラムライン「古市」駅から徒歩3分。
(アストラムライン「本通り」「県庁前」から「古市」へは乗車15分程度)
駐車場はございませんので、お近くのパーキング等に駐車のうえ、お越しください。
 

古くから地域の中心となっていたお寺のように、繋がりやご縁を感じられる古民家を舞台とした人々の集いの場。Shanti Yogaさんでは、ヨガ、カフェ、ヘアサロンを通じて、ここからオーガニックなライフスタイルを提案しています。
Website:Shanti Yoga

 

 

 

カテゴリ:【保健】
言 語 : 日本語のみ
定 員 :16人

参加対象:女性限定(未婚・既婚は問いません)

 

 

Share on Facebook
Share on Twitter
Please reload

最新記事

Please reload