copyright© Hiroshima Jin University Network 2019. All rights reserved.

大学祭・特別授業「けんだま100」

2014/03/22

 

郷土の誇り けん玉を楽しむ!


大学祭・特別授業の第一弾「けんだま100」。
会場の旧日本銀行旧広島支店には、マイけん玉を腰のフォルダーに着けたプロ(?)らしきの若者から、触るのはもちろん、本物を見るのも初めてという外国の方まで、総勢94名の老若男女が集まりました。

授業の最初は、けん玉の歴史やルールについての学習。
今回の先生は、廿日市を中心に学校などで子どもたちにけん玉を教えている砂原宏幸さん、a.k.a「けん玉先生」!

現在は日本けん玉協会西広島支部長や廿日市観光アンバサダーとして、けん玉の魅力を世界に広めている砂原さんですが、もともとは小学校の先生。
最前列に陣取った子どもたちの心をグッとつかむと同時に、大人にもとてもわかりやすい説明でけん玉の歴史やコツについて実践を交えて教えてくださいました。

そんな先生は、ご自身もけん玉の全国大会で数々のタイトルをお持ちということもあって、難しい技を軽々と披露!
「とめけん」「はねけん」「まわしけん」「つるしとめけん」に「宇宙一周」!
華麗なけん玉さばきに参加者はうっとり(笑)

先生から一通り学んだあとは、自分でやってみる時間。

先生が楽々と披露されたので、自分にもできるんじゃないか?と思ってしまうのですが、見るのとやってみるのとでは、まったく違うのがけん玉の世界。
もっとも基本の技、「とめけん」を一回成功するのがやっとでした…

でも、先生は剣に刺さらなくても、皿に乗らなくても「カチッ」と端っこにあたっただけでもナイスヒット!と褒めてくれます。
前向きに取り組めるので、もっと頑張ろう、もっと挑戦しようという気になれました。

一通り自分たちで挑戦した後は、最強ユニット“剣8”によるスゴ技の鑑賞。全日本けん玉道パフォーマンス大会で2連覇を達成した、廿日市市在住のスーパー高校生・久保田悟さんと、ひろしまジン大学でも過去に先生を担当してくれた、アフリカの民族楽器「アサラト」の名手・伊東直人さんが今年結成したユニットです。

リズムに合わせ、けん玉とアサラトで繰り広げられる超難度の技のコラボに、参加した大人も子供も口が開きっぱなし(笑)
すべてのパフォーマンスが終わり、2人が最後のポーズを決めると、会場から大きな拍手が沸き起こりました!
自分もあの中の技を一つでもいいからいつかマスターしたい!
心からそう思う素晴らしいパフォーマンスでした。


今回の授業は、とある場で私が砂原先生とお会いし、先生の「けん玉を広め、廿日市の誇りにしていきたい!」という熱い思いに触れたことがキッカケとなり開催に至りました。

けん玉に限らず私たちの住む広島には、日本に、いや世界に誇れる素敵なものや文化、自然で溢れています。
それらをまずは、私たち広島人が楽しみ、堪能することが、この街のよさ、地域のよさを外へと伝えていく第一歩なのかもしれませんね。


■レポート / 平尾 順平 
■写真 / 角田 茜

 

------------------------------------------------------------
<授業詳細>

2014年03月22日(土) 13時30分 ~ 15時30分   

教室:旧日本銀行広島支店

 

 

広島県が発祥といわれる伝統玩具“けん玉”。

いま、このけん玉が、欧米を中心に
世界中で話題になっているのをご存知ですか!?
 

遂にストリート文化へと進化を遂げた『KENDAMA』
そんな、ワールドワイドなけん玉の世界を、
発祥の地、広島の我々が楽しまないでどうする!!!!

ということで、この特別授業では
『けんだま100』と題して、100人でけん玉に挑戦します!!

先生は、砂原夢企画の砂原宏幸さん。
けん玉のイベント企画、けん玉教室の企画運営、けん玉講習・販売、
環境事業、廿日市の観光アンバサダーなどを通して、
けん玉の楽しさを世界中に広めることを目的に活動している「けん玉先生」。

授業では、数多くの技が存在する、奥深きけん玉ワールドへ導いてくれます。
年齢や性別、国籍だって関係なく、誰もが楽しめるのが“けん玉”の魅力。
もちろん初心者もウェルカムです!

さらに特別ゲストとして、
全日本けん玉道パフォーマンス大会で2連覇を達成した
廿日市市在住のスーパー高校生・久保田悟さんも参加決定!!
腰を抜かすほど素晴らしい、奇跡のけん玉テクニックを披露してくれます。
しかも、過去にジン大で授業をして頂いた
アサラト(アフリカの民族楽器)の先生、伊東直人さんと、
けん玉&アサラトによる日本初スペシャルコラボレーションも!!

けん玉って、玉を棒に入れるだけよね?と思っているあなた!
全世界が注目する・けん玉ワールドに足を踏み入れてみませんか?


【授業の流れ】-----------------------------
13:00受付開始

13:30授業開始
・先生からのお話し、レクチャー
・みんなで挑戦!けん玉ワールド
15:20記念撮影・レポート記入
15:30授業終了
------------------------------------------


【集合場所】
旧日本銀行広島支店1F

【持ち物】
特になし。
けん玉は先生が100個用意してくださいました!

・参加無料です。動きやすい服装でお越しください。


=====================================================
※当授業は無料の学生登録をすることで、どなたでも受講できます。
ご希望の方はお申込画面へお進みください。
=====================================================

 

<先生>

砂原 宏幸 / 日本けん玉協会 西広島支部長

モンゴル、フィリピン、台湾、アメリカなどの海外や、地元の小学校などでけん玉の 魅力やその楽しみ方を教えるけん玉の名人。昨年は、全国もしかめ記録挑戦会シニア の部で初の4時間達成!日本一になる。 けん玉道5段 廿日市観光アンバサダー けん玉発祥の地、廿日市出身。

 

<教室>

旧日本銀行広島支店

住所:広島市中区袋町5番21号

■広島電鉄(路面電車):
広島電鉄宇品線・「袋町」駅下車、徒歩1分

■広電バス:
JR広島駅より3号線・広島西飛行場行き、「袋町」バス停下車、徒歩1分

1936年(昭和11年)に建てられた日本銀行のかつての営業所。
設計は、建築家・長野宇平治。地上3階地下1階、ギリシャ・ローマ建築風の古典様式で、昭和の空気をそのまま残しています。現在は「建物全体を市民主体の芸術・文化活動発表の場として活用する」という方策のもと、広く市民に貸し出し、様々な用途で使われています。現存する被爆建物の一つであり、広島市指定重要文化財。

2012年10月からの6ヶ月間、HIROSHIMA EXsiteのプラットフォームとして各種イベントが開催されています。

 

 

 

カテゴリ:【地域】
言 語 : 日本語のみ
定 員 :100人

参加対象:お子さま含めどなたでも。 (ただし、小学生以下のお子さまには保護者の方が同伴ください。

 

 

Share on Facebook
Share on Twitter
Please reload

最新記事

Please reload