ジン大の社会科見学シリーズ #10牛田浄水場

飲んでみんさい! 広島の水

記念すべき社会科見学シリーズ第10回は「牛田浄水場」。 浄水場とは、いわゆる水のクリーニング工場。 川の水をきれいにして飲み水につくりかえるところです。 現在、広島市では牛田・緑井・高陽・府中4ヶ所の浄水場で50万㎥/日の飲み水がつくられています。1㎥は1,000リットルなので、50万㎥だと...5億リットル!!とにかくすごい量の飲み水が日々つくられています。 そのなかでも牛田浄水場は、全国で5番目の近代水道施設として明治31年の完成以来100年以上の歴史をもち、敷地内には当時使用されていた送水ポンプ室が水道資料館として保存されています。 ここからは、案内係の高木さんと一緒に実際にどうやって川の水を飲み水につくりかえているのか浄水場内の見学に出発。 ①着水井...取水場から送られてきた水をしばらく落ち着かせる。 ②混和池...細かい砂や土を沈めやすくするための薬品が注入された水をよく混ぜ合わせる。 ③フロック形成池...薬のはたらきでフロックという塊にする。 ④沈でん池...フロックを沈めて上澄みの水をろ過池に送る。 ⑤ろ過池...砂の層に通しさらにきれいな水にする。 ⑥消毒設備...次亜塩素酸ナトリウムで水を消毒する。 ⑦浄水池...飲めるようになった水を地下の池にためておく。 ⑧送水ポンプ...配水池を経由して、各家庭に送られる。 以