ジン大の社会科見学シリーズ #17 広島市総合防災センター

防災対策は日ごろの備えから!

 9月1日は防災の日。ジン大の社会科見学シリーズ第17弾は、防災の日を前に、防災について知るべく、広島市総合防災センターへ行ってきました。これを機に防災について普段から身近に考えようと参加された学生さんがほとんど。指導員の大空さんのもと、さまざまな場面を体験することから、防災知識を教えていただきました。  私たちが今回体験したのは、全7項目。まずは自分が住んでいる地区にどのような危険があるかを把握するため、広島市のHPにある 「洪水ハザードマップ」 を確認。ハザードマップは、予想される浸水の深さや土砂災害警戒区域、また避難場所が明記されています。早めの避難をするためにも、まずはこういった情報を自ら積極的にチェックすることが大切