copyright© Hiroshima Jin University Network 2019. All rights reserved.

お好み焼きとワインと私

2016/09/10

 

広島でよく見かける風景にワインをプラス。


 広島のソウルフード、お好み焼き。ビール、焼酎、ハイボール、どれと合わせても絶対美味しい♪でも今日は気分を変えてワインなんていかがでしょう?お酒好きが集結して授業スタートです!

 先生はお料理が苦手だったにも関わらず、定年退職後にお好み焼き屋「加賀屋」を始めた泰子さん。ワインが好きだったという理由でお好み焼きと合わせちゃった、直感の人。「私はバカだけど、周りに助けてくれる人が沢山いるから大丈夫なの」と明るく笑います。お人柄に惹かれて人が集うこのお店、授業当日も元同僚やお店の常連さんなどが快くお手伝いを買って出てくださいました。

 試食では選び抜かれたワインとお好み焼きのマリアージュを楽しみます。ソースが甘いので、ワインも甘めの物を。魚介が使われているから、海の近くで作られたワインを。共通項に思いをはせながら、ランブルスコ ロッソ(スパークリング)、ビオンタ アルバリーニョ(白)、カーニヴォ(赤)の順に異色の組み合わせを試します。初めは「どんなかな~?」といった様子の学生さん達でしたが、食べ進めるうちに、『一緒に頂くと、ワインの味もお好み焼きの味も変わる!』『ビールと合わせるとソースの甘みがガツンとやってくるけれど、ワインとだとそれぞれの具材を感じられて、お好み焼きがミルフィーユなんだと実感した!!』など、新たな発見に笑顔がこぼれていました。皆さんお気に入りの組み合わせが見つかったようですね。

 サラリーマンが通う小さなお好み焼き屋さん。広島でよく見かける風景にワインをプラス、泰子さんにしかできないお店を学んだ授業でした。


■レポート/藤本 寛子
■写真/鹿渡 成樹

 

 

------------------------------------------------------------
<授業詳細>
 

2016年09月10日(土) 15時15分 ~ 18時00分   

教室:加賀屋

 

お好み焼き、それはまさしく広島のソウルフード。

今日も仕事を終えてお好み焼き屋に入って
「やっぱりお好み焼きにはビールだよね」と言いながら、
皆で乾杯し至福の時を迎える…。広島で良く見る幸せな光景です。
しかし、そんな広島の常識を覆すお店が、
なんとオフィスビルに囲まれた的場町のど真ん中にあるのです。

「お好み焼きのソースは絶対にワインに合うけんね」と豪語するのは、
サントリーでずっと働き続け、定年後お好み焼き屋を開いた、店主のやすこさん。

カウンターとテーブルが3つ、人が通れば肩がぶつかる小さなお店に、
大きな鉄板、その真上にはずらっと並んだワインのリスト。
今回の教室となる、ここ「加賀屋」で、
料理なんて嫌いだったと自信満々に公言するやすこさんから、
何故お店を始めたのか、何故あえてワインなのか、そんな話を聞いてみます。

そして勿論、愛情たっぷりの優しいお好み焼きと、
お好み焼きに合う厳選されたワインをみんなで飲み比べましょう。

行きつけのお店が欲しい方、
マイお好み焼き屋を探索されている方、
ワインが好きな方、ただ土曜の午後に飲みたい方。
小さなお店のディープな世界を探して、寄ってみませんか??


【授業の流れ】 
15:00 受付開始
15:15 授業開始
・授業における注意事項、自己紹介など
・泰子さんトークショー
・ワイン×お好み焼きの体験
・感想、ベストマリアージュ発表、など
18:00 授業終了(飲みたい方は引き続き)

※飲食代として、1,000円頂きます。

【当日連絡先】
070-5522-9638(ひろしまジン大学事務局)
※緊急のご連絡の場合のみ、おかけ頂きますようお願いいたします。


(授業コーディネーター 三枝 大祐)

 

 

 <先生>

畑中 泰子 / 加賀屋 店主

富山県出身、広島へは御主人の仕事の都合で移り住む。 サントリーに長年勤め、広島支店の名物社員として名を馳せる。今でも泰子さんを知るサントリー社員は「加賀屋に行って泰子さんに会いなさい」と、広島へ行く社員に勧めるという伝説もあり。

 

定年後、理が嫌いだったにも関わらずオタフクソースでお好み焼きを習い、的場町でお好み焼き屋を始める。周囲のオフィス街に勤めるサラリーマン、みんなのお母さん。

 

<教室>

加賀屋

住所:広島市南区的場町1-2-2 ドエル的場 1F
アクセス:広電「的場町」駅から徒歩2分 
 

広島駅から市電で2駅目の的場町。周囲をオフィスビルに囲まれ、所謂繁華街とは異なる路地に、サラリーマン向けと思しき店が数件存在する。その中でも、ひときわ黄色い看板が目立つお好み焼き屋、それが、加賀屋だ。
外に漏れだす賑やかな声を聴きながら暖簾をくぐると、心安らぐ大きめの鉄板と・・・その上にはずらっと並んだワインのリスト!?鉄板焼きを食べながら、ワイングラスを傾ける方々!?
サントリーに勤め、お酒にこだわりを持つ泰子さんがチョイスするワインは、全て鉄板焼きに合う代物。それでも、よくあるワインバーのように肩肘張らず、気取らずに飲みに行けるのは、お好み焼き屋であることもさることながら、泰子さんの人柄だろう。
今日も、賑やかな笑い声が店からこだまする・・・。

 

 

カテゴリ:【仕事】
言 語 : 日本語のみ
定 員 :8人

参加対象:20歳以上のみ

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

Share on Facebook
Share on Twitter
Please reload

最新記事

Please reload