緊急授業!日刊わしらってなんなん?


史上初!?広島県営SNSとは?

2017年10月。広島に新たなSNSが誕生した。

その名も、「日刊わしら」。

今回は、日刊わしらの編集部でもあるアズミ殿に話を聞いてきたんじゃ。

つたない文章じゃが、最後まで読んでくれると嬉しいぞ。

まずは、SNS感のない、ちゃぶ台を囲む参加者一同。

SNSというものに慣れるために、A4用紙に自分の関連のあるワードに#(ハッシュタグ)を付けて自己紹介。

#お酒 #広島カープ #バドミントン #スラックライン #システムエンジニアなどなど。自己紹介に慣れていない人でも、単語ごとに話すことができ、また他人との共通点も見つけやすい。その中でも、ひときは目を引く#わしらンキング1位の人 = 私(^ら^)。後述するが、わしらンキングというもので1位となり、編集部内で神投稿と言われてたみたいです。

↓神投稿 https://washira.jp/yuki/posts/2557

次に、日刊わしらの紹介。

日刊わしらのポイントは3つ。

1.知る。

話題は広島の事だけなので、いま広島に住んでいる人が気になる最新の話題をチェックすることができます。また、日刊わしらには6人の編集部員がいて、皆さんの投稿をシェアすることで、普段のSNSだと埋まってしまうような投稿も目にとめてもらえる確率が上がります。

2.発信する。

あなたの気になる広島の話題を発信しましょう。

3.つながる。

日刊わしらの特徴として、「わしらンキング」と「わしらンダム」があります。・わしらンキング…じゃね!(Facebookのいいね!、Twitterのお気に入り)の上昇率によってランキングが決定します。総数ではなく上昇率のためフォローの人数が多い人の話題だけではなく、広島のホットな話題をキャッチすることができます。・わしらンダム…フォローしていない人から無作為に記事がピックアップされます。この2つを使うことで、新たなユーザーと繋がるきっかけになります。

次に、日刊わしらを実際に動かしてみます。今日登録したばかりという方もいて、プロフィール登録から開始します。プロフィールでは、自己紹介の時に使用した#(ハッシュタグ)を使っている方もいました。

編集部の方が授業の様子を投稿した内容に、じゃね!やコメントをする一同。各自がスマホに向き合い授業をする様子は、周りからみたら不思議な光景だったでしょう。最後に、記念撮影をして授業終了。https://washira.jp/kimrazumi/posts/2855

と、いろいろ書いたんですが、実際に使ってみないと分からないことが多いです。

SNSをしたことがない人にとっては、じゃね!の説明で使用した、Facebookのいいね!、Twitterのお気に入りも分からないと思います。実際に使ってみて、分からないことがあれば「#わしら知恵袋」と投稿してみてください。その時は、いろんな方が助けてくれることでしょう。

■レポート/野村祐貴

■写真/岩見暢浩

------------------------------------------------------------

<授業詳細>

広島県の新しいチャレンジ!史上初の県営SNSサイト『日刊わしら』が2017年10月遂にオープン。 「日刊わしら」とは「ひろしま人」が「ひろしま人」のために運営する、広島オリジナルのSNS(ソーシャル・ネットワーキング・サービス)。FacebookやTwitterとは異なり、『狭く!深く!』をキーワードに、広島弁むき出しのローカル情報の宝庫を目指しています。 話題は広島オンリー、気になったら『じゃね!』、日替わり編集部員がネタを毎日キュレーション…など独自のスタンスでひろしま人をくすぐるサイトとして誕生しました。 すでに、こっそりプレオープン中(washira.jp)。 のぞいて見るとありそうでなかったひろしまに出会うことができるはず! そんな『日刊わしら』について草津のMachi+Gotoで教えていただくこの授業。 編集部員木村アズミさんを先生に、使い方や開発秘話、今後の展望などなどを大胆に語っていただきます!!

参加者にはわしらステッカーをもれなくプレゼント(^ら^) 緊急授業、先着参加なのでお早目にお申し込みください!!!! 【授業の流れ】 13:45 受付 14:00 授業開始  自己紹介タイム 14:15 『日刊わしら』とは? 14:45 『日刊わしら』をさわってみよう!  アカウントの取り方  記事の読み方、作り方  『じゃね!』や『#ハッシュタグ』の使い方  まとめの使い方 15:45 質疑応答、記念撮影 16:00 授業終了

【定 員】

7人

【参加対象】

どなたでも。

【入場】 集合場所へは、集合時間までに必ず集合して下さい。 なお、10分を超えて遅刻された場合は受付終了となり、授業へ参加することが出来ませんのでご注意下さい。 【当日連絡先】 070-5522-9638(ひろしまジン大学事務局) ※緊急のご連絡の場合のみ、おかけ頂きますようお願いいたします。 (授業コーディネーター キムラ ミチタ)

<先生>

木村 アズミ / 日刊わしら 編集部員

福山市出身。 大学卒業後に音楽レーベルのA&Rを経て、現在は専門学校の講師を務める。 日刊わしら編集部・水曜日担当。 #子育て #ひろしま土産 #珈琲 #マルシェ #ファッション #妊娠8ヶ月

<教室>

学び舎ゲストハウス「Machi+Goto」予定地

(広島市西区草津南2丁目8-6 ) 広島電鉄(路面電車):広島電鉄宮島線・「草津南」駅下車、徒歩5分。学び舎ゲストハウス「Machi+Goto」をオープン予定の古民家です。

#タグから検索

copyright© Hiroshima Jin University Network 2020. All rights reserved.