copyright© Hiroshima Jin University Network 2019. All rights reserved.

おしえて!弁護士さん!~憲法カフェ@ジン大~

2015/09/12

 

 

意見を交わす機会を作り、場を持つこと


日本国憲法に「愛」という文字はあるのか?
このクイズからはじまった憲法カフェ。

講師の広島弁護士会のおしゃれ番長によって、弁護士という職種に対するとっつきにくさも見事に解消されながらゆるやかに進みました。むかし学校で憲法を学んだ時を思い出しながら8名の学生がオトナになった今だからこそ改めて学び、意見を共有・交流した授業。

憲法カフェは、明日の自由を守る若手弁護士の会、通称「あすわか」が全国様々な地域・場所でパンフレットや紙芝居などその場に応じた解かり易い資料を使って開催されています。広島でも様々な場所で開催されています。

今回学生が授業に参加した理由は、
・憲法を学びたい
・憲法カフェと聞いて「行きやすさ」を感じた
・海外に居た経験があり、海外でも伝えたい
・他県の勉強会で知ったから
・(同席者に)誘われたから
などなど学生の憲法に対する興味関心が多く専門家による、かしこまらない環境で憲法を学べることが逆に学生を真剣にさせてくれました。

第一部では、「愛」という文字はあるのか?の他に全部で5つのクイズを考えました。
・自国を守るための制約について
・憲法の条文に記載のない権利の保障は?
・憲法改正の手続き(できる?できない?どうやる?)
・国民は憲法を尊重し、擁護し(守ら)なければならない?
これらを考えるにおいて付随するミニクイズなどもあり、考えるほど「解釈により」大きく方向性が変わることも解かりました。

第二部では、第一部を踏まえグループに分かれディスカッションをし、たくさんあるテーマのなか、安保法案について集団的自衛権のメリットとデメリットを話しました。集団的自衛権を有することは、味方や外交関係が増える、良くなる、自衛しやすくなる、一部で日本経済が潤うかも、などのメリット意見と守られる一方で狙われるのでは、戦争しない国日本の信頼が減る、戦争になりやすくなる、自衛隊入退者が減る、武力以外の方法を考えなくなる、などのデメリット意見。たくさんの意見がでました。

授業のまとめでは「議論」について。憲法に限らず、法律には「解釈」によって○にも×にもなる可能性がある。ある意味抽象的でもあるが、だからこそキチンと議論が必要で、立憲主義であると同時に民主主義である日本のすべきことではないか。

10個の法律の改正案と1つの新設案という安保法案だからこそ、細部にわたって議論されることが必要で、私たち国民も賛成・反対するにせよ各個人が自分で見聞きし、考え、判断する、国や行政機関がこれらについてキチンと議論をされているのかにも注目し国民は関心を持つ必要がある。

授業のなかで学生からの質問もたくさん出ました。安保法案が成立したとしてそれを廃案にすることも出来るのか、何十年も前にできた憲法が今の時代に即しているのか、憲法9条と自衛隊の解釈についての疑問、それに対する返答もたくさん出て、授業終了後も各学生が色々な質問をされていました。

憲法、安保、自衛権、大きな問題であるがゆえに、意見を交わす機会を作り、場を持つことが今わたしたちに一番大切で必要なのかもしれません。みなさんが作る憲法カフェがあっても面白いかもしれませんね。


■レポート/橘 貴範
■写真/浅海 智絵

 

------------------------------------------------------------
<授業詳細>
 

2015年09月13日(日) 13時30分 ~ 16時30分   

教室:ジン大ベース

 

 

安保法制?憲法違反?集団的自衛権?徴兵制?

“分かりやすく丁寧な説明”が連日報道されているけれど、
イマイチわかりにくい憲法問題。

そこで、様々な疑問を解消するべく、
プロフェッショナルから話を聞きませんか?

この授業では、
憲法にまつわるあれこれを、
広島弁護士会のおしゃれ番長こと井上明彦弁護士に、
わかりやすく解説していただきます。

コーヒーを飲みながら気軽に憲法を語り合う『憲法カフェ』は、
現在、全国的に静かなブーム。

私たちの『くらし』や『いのち』に関わる憲法のこと。
素朴なクエスチョンもお気軽に。
もやっとしていることはスッキリさせよう!

また、みんなで憲法について考えるワークショップも行います。

学生同士、いろんな意見を尊重しながら語り合う時間は、
多くの『学び』が待っているはず。

この憲法カフェをきっかけに、未来を考え始めませんか?
たくさんのご来店をお待ちしております。

※教室はひろしまジン大学事務所で、本当のカフェではありません。

当授業は10代~30代限定授業です。

【授業の流れ】
13:15 受付開始(授業開始の15分前)
13:30 授業開始
1.そもそも憲法ってどういうもの?(クイズ形式)
2.安保問題に関するあれこれ
16:20 記念撮影・レポート記入
16:30 授業終了

【入場】
集合場所へは、授業開始時間までに必ず集合して下さい。
なお、10分を超えて遅刻された場合は受付終了となり、授業へ参加することが出来ませんのでご注意下さい。

【交通手段】
お車、自転車でお越しの際は、近隣のパーキングをご利用下さい。

【当日連絡先】
070-5522-9638(ひろしまジン大学事務局)
※緊急のご連絡の場合のみ、おかけ頂きますようお願いいたします。

(授業コーディネーター 弓場則子)


=====================================================
※当授業は無料の学生登録をすることで、どなたでも受講できます。
ご希望の方はお申込画面へお進みください。
=====================================================

 

 

<先生>

井上 明彦 / 弁護士

広島市出身。二児の父親。広島大学を卒業して、2002年に弁護士登録。 広島法律事務所所属(HP:http://hiroshima-law.jp/) 2012年広島弁護士会副会長。 日本弁護士連合会 取調べの可視化実現本部副本部長 広島弁護士会 刑事弁護センター委員会委員長 等

 

 

 

 

 

<教室>

ジン大ベース

住所:広島市中区寺町6-15 上森ビル1階
アクセス:広島電鉄「寺町」駅より徒歩2分
 

ひろしまジン大学の事務所です。
事務局や教室として活用する一方、情報や人材など『交流』を生むオープンスペースとして、今後サロン的役割も果たして行きます。閑静な寺町の一角からどんな未来が生まれるのか?乞うご期待!!

 

 

 

カテゴリ:【社会】
言 語 : 日本語のみ
定 員 :15人

参加対象:10代~30代限定

 

 

Share on Facebook
Share on Twitter
Please reload

最新記事

Please reload