謹賀新年!とんど祭り

地域をつなぎ世代を越える火柱

広島市中区は神崎小学校にて行われる地元の伝統行事「とんど」に、 新年最初のひろしまジン大学の特別授業として参加しました。 スタッフとして早めに(8時過ぎくらい)に現地に行ったのですが、 早朝にもかかわらず、沢山の人が準備をされていました。 準備をしているのは「神崎小学校STAFF」ロゴのついた緑のジャケットを来た大勢の人たち。 とんどの準備は勿論、仕出しの出店など、地元の11町内会からなる子ども会などから 父兄の皆さんが準備されているそうです。 周りを見渡せばシーソーで遊ぶ子供達、 地元のおじいさん、おばあさんが笑顔で挨拶をされている風景。 「小学校」と言う場所に、「地元」の人が集う空間。 とんどが始まる前から「この日」を楽しみにしてきた地元の皆さんの雰囲気が伝わってきて、 なんだか自然と笑顔がこみあげてきます。 会場には知った顔も続々登場し、「あけましておめでとうございます!」 と、まさに謹賀新年な感じです(笑)。 あちらこちらで、神崎小学校の「とんど」に参加すべくいらっしゃった地元の方たちが、 「あけましておめでとうございます」「今年もよろしくお願いします」と新年のご挨拶。 今年で37回目を迎える同小学校でのとんどは、地元の方にとっては恒例の 欠かせないイベントになっているんだなぁ、と肌で感じます。 ジン大の生徒さんも幅広い年代の方が来られており、 50代の夫婦の方がマイ締縄を持参されていたり、 10代の女子高生や、 以前「ハーモニーの奏で方」の授業で「先生」になってくださった 山岸玲音先生が今回は生徒として参加されていたり。 「誰もが先生で誰もが生徒」と言うジン大のコンセプトにぴったり! と妙に感心してしまいました。 今回はいつもの