メキシコとアミーゴ!~本場タコスを食べながら~

かつてない広島とメキシコとの近い距離感。

 東京オリンピックに併せて、メキシコの選手団が広島にやってくる!広島で起こってしまうのかメキシコブーム、いや、メキシコバブル!前例のない広島とメキシコの距離感…。これは、まずはアカプルコのレイパロマさんに聞いてみよう!ということで、さっそく行ってきました♪

 夏の日差しを浴びる川沿いのメキシコ料理店アカプルコ。メキシコならではの陽気なガイコツで飾られた極彩色の店内。さっそく出てくるコロナビールでみんなで「サルー(メキシコ語で乾杯)」。かつてない好条件で、本日の先生、レイパロマ先生の話が始まりました!。

 先生のレイパロマさんはメキシコホテルという本で身長が小さくてもレスラーになれる場所があることを知り、単身メキシコに。言葉も居る場所もわからないまま、なんとか目的のホテルまでたどり着いた。そんなメキシコに着いたばかりのころ、プロレスの聖地アリーナメヒコへの道中で食べたタコスの味がめちゃうまかったそうです。