変わるもの、変わらないもの

ムダと必要 のアイダに。

今回の授業は、ロングライフデザインを掲げるD&DEPARTMENTの仕掛け人、ナガオカケンメイさんと、広島で長きに渡りカルチャーとして映画配信を行うサロンシネマ・八丁座でおなじみ、序破急の蔵本順子さんによるトークイベントです。

LECTに入る蔦屋書店T-SITEにて、Appleの椅子を手がけるなど広島を代表する家具メーカー、世界のMARUNIさんとジン大とのコラボレーションで実現しました。それでは早速トークイベントへとご案内いたしましょう。

ジン大コーディネーターのキムラミチタ(以下:キムラ)が司会者から呼び込まれ、メインゲストのナガオカケンメイさん(以下:ナガオカ)、蔵本順子さん(以下:くらもと)のご登場です。キムラが司会に代わり、特別授業のスタートです。

変わるもの、変わらないもの

ナガオカ:八丁座の噂は東京まで拡がってますよ

くらもと:借金だけは大きいんですが(笑)、意地だけで作りました。東京にも負けまいと

ナガオカ:意地で作ったってのがいいですね

くらもと:広島は原爆でリセットされたので、復活力があるんです。あとは大手の某映画会社にイジメ抜かれたので(笑)

軽快な掛け合いで話が進み、話題は八丁座こだわりのマルニ特注の椅子に。

ナガオカ:初めはダメダメだったと伺いましたが……

くらもと:あまりにも立派すぎまして。かわいくないから座りたくない(笑)

劇場の懐かしい感じがするデザインのソファ席は、お洒落という言葉が似合う素敵な椅子ですが、シネコンの3倍ほどの価格とのこと。とある映画監督曰く、世界一の客席だそうです。その開発秘話が面白い。

ナガオカ:ダメ出しの後に、ものすごい数のデザインをもらったとか?

くらもと:そうそう、やっと本気になったか?みたいな。なにくそ!というのか

ナガオカ:ナニクソ!が広島っぽい?

くらもと:ええ。復活力、再生力ってのはやはり広島人あるある


無意味でムダが贅沢

「デザインとは?について伺いたい」

不意に、蔵本さんが尋ねます。アドリブだったようですが、すかさず司会のキムラ氏がフォローに回ります。それを受けナガオカさんは「今はデザイナーの名前はどうでもいいし、名もなき生活雑器の方が大事」と。さらに「似て異なる話で、大阪の人に面白いお店どこですか?と聞くと、おもろいおっちゃんがやってるお店を教えてくれるが、東京だとカッコイイ空間が返ってくる。八丁座には蔵本さんが実際にいるのがいいし、そういう時代になってきている」と続けます。

そこにあの人がいるから面白い。ただの観光ではない、人に会いに行く新しい旅のスタイルにも通じる部分があります。そうして映画館事情へ。

くらもと:アメリカ文化のシネマコンプレックスは徹底した効率化。それもいいけれど、やっぱり無意味でムダな時間って最高に贅沢なの

ナガオカ:デザインの話も似ていてカッコ良さを追求するとちょっと違う。さっきのマルニさんの椅子も座り心地を追求することで、いい意味で少しダサくなってかわいくなったんですよね

くらもと:一番いい座り心地と観やすさを追求して席によって少しづつ微妙に角度や配置を調整しているの。マルニさんにやってもらったんですが。それこそ途中でケンカしながらね(笑)。その方がいいモノができる。映画も同じなの

キムラ:今は仲良しでつまらない?

くらもと:頼むから自分の劇場で流している映画の悪口は止めてくれってスタッフに怒られる(笑)

キムラ:いつからか「キライ」と言えないような空気になってますね

くらもと:だから好き嫌いではなく、好みの問題というようにしているの。好みじゃなくても人が入るメジャーな作品を上映しつつも、マイナーだけれども、こだわりの上質な作品も上映している。最近はマイナー作品の入場者数も増えていて。

キムラ:本物が伝わりはじめたんでしょうか?

くらもと:デザインもそうじゃありません? 多様性というか。