ラマダン1日(断食)体験!~わたしたちの知らないイスラムの世界〜

東広島で体験する、断食明けのゆうべ

土曜日の夕方、東広島・西条にある広島イスラム文化センターに、イスラム教徒の方たちが集まりました。イスラム教のカレンダーでは、日の出から日没までのあいだ断食を行う、ラマダンという期間があります。2019年は5月5日から6月4日までの1か月でした。(公財)ひろしま国際センター、HIROSHIMAワールドトーク実行委員会、ひろしまジン大学が共催した今回の授業では、そんな断食明けの集まりにお邪魔してきました。

センターの代表、バセムさんとセンターを利用するイスラム教徒の皆さんが私たちを迎えてくれました。

このセンターには礼拝所、図書館、住居、セミナールームがあります。図書館には色々な言語で書かれたイスラム教に関する本や、イスラム教についてやさしく簡潔に書かれた本があり、貸出もしています。また、セミナールームはどの宗教を信仰する人でも利用することができます。

外からの見た目は普通のビルと変わりません。礼拝の場にお邪魔するので、参加者には長袖と、くるぶしまで隠れるズボン、靴下着用をお願いしました。女性はスカーフで髪の毛を覆います。

まずは参加した学生さんの簡単な自己紹介からスタート。

「海外生活でイスラム教圏のひとと親しくなった」「身近にイスラム教徒の友人がいる」「センターの近くに住んでいる」など参加の理由は様々ですが、共通していたのは「イスラム教そのものや、信仰する人たちが気になるが、普段じっくり知るチャンスがない」という気持ちです。なかには「実は朝から断食に挑戦してます!」という人も。

夕方6時ごろ、開いた窓から心地いい風が通る礼拝室に案内してもらいました。イスラム教の聖地であるメッカの方向の壁に、礼拝時間を知らせるデジタル時計が掛かっています。「礼拝専用の場所はあればベストですが、なくてもかまいません。礼拝は1日5回、3分程度です」とバセムさん。礼拝時間はぴったりでなくても、次の礼拝までの2、3時間のうちに行えば良いそうです。

決められた手順で顔と手足を水で清めてから、礼拝を行います。ちょうどその場にいた3人の教徒の方が礼拝のデモンストレーションをしてくれました。

礼拝のほか、イスラムにはいくつか基本的な教えがあります。断食することで貧しい人の気持ちを理解し、お互いに助け合える社会を作ること。経済的に余裕がある人は一生のうち一回は聖地に行くこと(巡礼)。収入の一部を貧しい人に施すこと(喜捨)、「アッラーが唯一の神であり、ムハンマドは預言者である」ことを宣言すること(信仰告白)。(なお、小さな子ども・妊娠中の女性・病人など、健康上難しいと思われる人は、断食をしなくてもよいと