copyright© Hiroshima Jin University Network 2019. All rights reserved.

こんなアプリがあったら “いいね!”

2011/08/20

 

こんなアプリがあったら “いいね!”

 

スマートフォン連続セミナー、最終回(3回目)。この日は先日までの暑苦しい日々から一転して、気温が30度を下回った上に雨というあいにくの天気。それでも「こんなアプリがあったら“いいね!”」というテーマのもとに好奇心旺盛な17人が会場となった『45(キャラントサンク)&bis”あわ”』に集結しました。


1回目開催から3ヵ月。テーブルの上に置いてあったものを見る限り“スマホ率”が相当上がった感じがしました。中でも“ドコモ率”が上昇している感じです。この授業を経験して購入を決断された方もいました。スマートフォンが世の中に定着したことを実感しました。

今回の講師は初回に続き佐藤慎也さん。講義では「androidとは?」「アプリとは?」を学びました。「いろんなメーカーからスマートフォンが出ている上に、タテ・ヨコなどの操作切り替えができるもの、できないものがあったりします」と、アプリケーションを制作するときの苦労話の一端を聞くこともできました。スマートフォンとタブレットでは大きさが違うし、メーカーによってクセもあります。いろんなタイプで使えるアプリのアプリ制作の大変さを知った上で、本題の「アプリ提案」に入っていきます。

4・5人ずつ4グループに分かれて、「どんなアプリを提案するか?」を話し合い。各グループからコミュニケーション・朝・目覚め・おでかけの4テーマが挙がりました。

その直後に佐藤先生からちょっとした“意地悪”がありました。「この提案を4つのグループでシャッフルします」。悲鳴のような声まで聞こえてきた瞬間です。その後、各グループに持ち帰って、約1時間に渡って、アプリ案を練っていきます。

タブレット、付箋、スケッチブックを使用して湧き出る中身を整理していきます。提供されたスイーツとドリンクを楽しみながら進行していきます。各グループによって、性格が違っていました。1つのテーブルにまとまって、じっくり考え込むグループもあれば、全員で立ち上がり写真などを撮り始める活動的なグループもありました

発表された作品は次の通りです。

A…「シゴトスイッチ」
・ 睡眠時間の長さ、仕事の充実度などで選曲なども変わります。「快適な目覚め」を追求したアプリです。

B…「リアルなRPG!」
・ 写真を撮った人間にキャラクターを付属したもの。嫌いな上司がエライ目に遭っていました(笑)。

C…「神の目覚め」
・ こちらも「目覚め」を追求したもの。いきなり大きな音が鳴ったり、スクワット10回を命じられたりするアプリ。

D…はじめましてからはじめて!
・ コミュニケーションから生まれた恋愛シミュレーションアプリ。デート成功の秘訣とは!? 女子の話しにくい部分は男子がカバー(笑)。

各グループのプレゼン内容には佐藤先生も笑いが止まりません。「皆さんのアイデアは突拍子もなくて面白かったです。勉強させてもらいました」と話していました。さて、この4つの提案は佐藤先生の今後のアプリ制作に生かされるのでしょうか? 実現の可能性はいかに? 参加者は「ジン大発のアプリ実現」の夢を見ながら、笑顔で帰っていきました。

これでスマートフォン連続授業も最終回。場所を提供してくれた「キャラントサンク」さんにも感謝です。毎回出てくるスイーツも素晴らしかったです。

(ひろしまジン大学スタッフ 中牟田 康)

 

------------------------------------------------------------
<授業詳細>

2011年08月20日(土) 14時30分 ~ 17時30分    教室:45(キャラントサンク)&bis”あわ”

 

大好評スマートフォン連続セミナー第3回目開催!

今や爆発的な勢いで伸びているスマートフォン&タブレットユーザー。
使い方、つきあい方は人それぞれ。
今までの携帯電話の概念をとっぱらったのは、何よりも『アプリ』のおかげ。
それぞれの生活や仕事のスタイルに合わせて、必要なアプリを必要な時にダウンロード。

世界といつでも繋がるアプリから、生活に欠かせないアプリから、
時間潰しにもってこいのゲームアプリから、くだらない(笑)けど楽しいアプリ…、
その数は無限大。

今回は、大胆にもジン大でオリジナルアプリを勝手に提案しちゃいます!

前半は、実際にアプリ開発も手がけているシステムエンジニアの佐藤先生をお迎えして、
スマートフォン初心者にも解る『アプリの作り方』講座。
知って得するアプリ裏話やアプリ制作秘話(?)も聞けちゃうかも。

後半はdocomoのタブレット型スマートフォンを自由に使いながらワークショップ。
広島、ライフスタイル、グルメ、ファッション等のキーワードを基に
「アプリやスマートフォンでこんなことが出来たらいいね!」
なアイデアを出して、共有して、提案しちゃいましょう。

45の絶品スウィーツを楽しみながら、学生同士がコミュニケーション!
きっと、新しい発想と新しいスマートフォン仲間に出会えるはず。

素晴らしいアプリのアイデアは本当に開発されるかも?

スマートフォンのヘビーユーザーから、これから買おうと思っているビギナーまで、
楽しく学べるスマートフォン授業です。


【授業の流れ】
14:00 受付開始
14:30 授業開始 
14:40 先生によるアプリ講義
15:00 各グループに分かれてAndroidタブレットを使ってアプリ体験
新アプリの企画会議
16:30 各グループによる新アプリプレゼン大会
17:30 終了

【集合場所】
45(キャラントサンク)&bis”あわ”

【持ち物】
※Androidタブレットを貸し出しします

【入場】
集合場所へは、授業開始時間までに必ず集合して下さい。
なお、10分を超えて遅刻された場合は受付終了となり、授業へ参加することが出来ませんのでご注意下さい。
当日キャンセルの場合、下記の連絡先にご連絡下さい。

【交通手段】
お車、自転車でお越しの際は、近隣のパーキングをご利用下さい。


(授業コーディネーター 木村アズミ)
 

 

<先生>

佐藤慎也 / システムエンジニア

1974年広島生まれの広島育ち。 IT関係の会社に勤務し、インターネットを活用した業務システムの設計・開発を行っています。 会社業務の他にインターネット関係の勉強会などに積極的に参加し、現在は「広探ゲーム」のプロジェクトメンバーとして「広探ゲーム」のシステム開発を行っています。 「おもしろき こともなき世に おもしろく」をモットーに、面白い事に全力で取り組んで広島の街を楽しくする為に頑張っています。

 

 

 

<教室>

45(キャラントサンク)&bis”あわ”

住所:広島市中区袋町1-18
アクセス: 広電「本通電停」、「立町電停」下車

 

広島の情報発信拠点でもあるurabukuro(裏袋)に位置する「45キャラントサンク」は、ワインをテーマとした居酒屋。広島の伝統ある懐石「太田荘」の場所を継ぎ、フランスワインや自然派ワインをはじめ、 サルシッチャ(自家製ソーセージ)や牡蠣料理、 広島のおいしい野菜を使った品々など、 様々な料理とワインを気軽に楽しんで頂けるお店です。

website:http://www.jellyfish.bz/shop/hiroshima/45/45.html
 

 

 

 

カテゴリ:【コミュニケーション / テクノロジー】
言 語 : 日本語のみ
定 員 :20人

参加対象:スマートフォンに興味のある方 ※未体験者でもOK 

 

 

 

 

 


 

Share on Facebook
Share on Twitter
Please reload

最新記事

Please reload