copyright© Hiroshima Jin University Network 2019. All rights reserved.

旧日銀EXsite#2 『おてがるコスプレイヤー ~世界の文化・コスプレを体験!~』

2011/11/20

 

おてがるコスプレイヤー ~世界の文化・コスプレを体験!~


コスプレと聞いてどんなことを想像しますか?
看護士やチャイナドレスなど、どちらかと言えば「制服=コスプレ」みたいなものは、貸し切りパーティーとかで見たことはありました。でも、ネットやニュースなどで流れるゲームやアニメから抜け出してきたようなキャラクターをそっくりそのまま再現している人達。世界に広がる日本の新しい文化「コスプレ」は見たことがない。…そんな最先端の文化「コスプレ」をおてがる体験!!と、授業の告知があったので、「募集人数も少ないことだし抽選当たんないだろうなぁ」と思いながら、おてがるな気持ちで授業参加の抽選に申し込んでみたところ・・・当選通知のメールが届きました。
 正直、参加する当日まで「やめとこうかな? 場違いになるんじゃないのかな? どんな目で見られるんだろう?・・・」などなど考えたりもしましたが、「一度も体験したことがないものを、そのままにしておくのはもったいない」って気持ちのほうが強かったので参加させていただくことにしました。

 会場の旧日本銀行広島支店に到着すると、そこで開催されている『コスカレード』というイベントに参加している方々のコスプレ姿に少し圧倒。3階の授業が行われるフリースペースへ向かう途中、階段でえらく本格的な写真撮影をしてるのを見て、さらに圧倒。部屋に入ってからは、「コスプレ体験に来た初心者の集まりなんだ」と思い、ようやく少しリラックス・・・が、コスプレ衣装が目の前に並んでいるのを見て、今度は少し緊張。
 授業が始まり、広島オタクマップ代表・川崎まみさんの座学:「新世代の地域活性化手法! コスプレイベントの実態とその魅力」へ。コスプレにまつわる現状、ルールやマナーについての話を聞きました。名古屋でおこなわれている世界コスプレサミットの事はニュースで見たことありましたが、ゲームのキャラクターが現実に出てきたようなすごいコスプレ写真の数々。また、広島でも頻繁にコスプレのイベントが行なわれている事や、町おこし的なイベントとしてのコスプレの事など、興味深い話をたくさん聞くことができました。

そして…ついに体験授業の時間に。

 まずは参加者全員の使用前(コスプレ前)の写真撮影。そして、私に渡されたコスプレ衣装は・・・国民的ゲームで皆さんご存知の、あの「マ●オ」でした。知ってるキャラクターなので、ちょっと安心しながら、サッと着替えました。衣装自体にあまり違和感ナシ。まあ・・・赤いシャツ(多少サイズが小さくてピチピチなのが違和感)に、オーバーオールを着て、帽子をかぶっただけなので、着ている本人はそこまで変身した実感は無かったのですが・・・。
 でも、「自分もコスプレしたんだ!」っていう気持ちの変化はあったので、テンションはこっそりと上がっていました。
 続いてウイッグの装着レクチャー。長い髪、短い髪のウイッグのつけ方を教えてもらい、マ●オにも茶髪のウイッグが用意されていたのでつけてみたものの・・・鏡を見ると違和感があったので、よりリアルなマ●オになるため、ウィッグは外して帽子をかぶりました。授業で教えてもらった、写真を撮らせてもらう時のマナーのおさらいや撮影される時のポーズのとり方等を、コスプレしている学生の方々とお互いに少し予行演習をしていざ本番へ!下の階でおこなわれている本格コスプレ・イベント『コスカレード』の会場に行ってコスプレイヤーの方々との交流タイム。授業で出されていた課題は【会場にいるコスプレイヤーの方と一緒に写真を撮ってもらう】というもの。
 声をかけて写真を撮ったり、知らないコスプレをしている人に、「それは何のキャラクターのコスプレですか?」とか聞いたりするのに躊躇っていたのは…本当に最初の一瞬だけでした。完全にアニメに出てきそうな顔のお面をかぶったコスプレイヤーを発見!とりあえず話しかけて、写真を撮らせてもらい、一緒に撮影も成功。課題はあっさりクリアでした(笑)。
 その後は、学生達で写真を撮ったり、いろんな人のコスプレ(ほとんどが何のキャラかわからないコスプレだったんですが・・・)を見ているだけで、楽しい時間を過ごすことができました。

それから教室に戻り、参加者の方々の感想を聞いた後、使用後(コスプレ後)の写真撮影へ。せっかくだからと・・・入り口辺りで写真を撮りましょうって事になり、少し寒い中、旧日本銀行広島支店の入り口付近で集合写真を撮影(外を歩いている人の視線は、相当遠くの人達までがこちらのコスプレ集団を見ていたので、マリオっぽくジャンプしておきました)
これにて『おてがるコスプレイヤー ~世界の文化・コスプレを体験!~』の授業は終了。

今回初めてコスプレを自分が体験し、コスプレをしている人たちと交流をしてみて感じたのは、やっぱり外から見るより、内側に入り込んで体験してみるほうが馴染みやすいし、楽しめる!ということでした。
また機会があれば、是非自分も何かしらコスプレを用意して参加できれば、より楽しめるイベントだと感じました。
今回参加者のために色々なコスプレ衣装を用意していただいた川崎まみ先生や、授業のために準備をしていただいたスタッフの方々に感謝の気持ちでいっぱいです。ありがとうございました。

とりあえず手始めに口ヒゲ伸ばして、オーバーオールと赤いシャツ、買いに行きま
す!!

(ひろしまジン大学 学生 広崎一茂)

 

------------------------------------------------------------
<授業詳細>

2011年11月20日(日) 13時00分 ~ 15時30分    教室:旧日本銀行広島支店

 

海外でも大人気!日本発祥の仮装文化といえば『コスプレ』。

アニメやマンガ、ゲーム等のキャラクター衣装や、メイドさん、チャイナドレス、忍者から和服まで、非日常的なコスチュームに着替え、キャラクターになりきって楽しむイベントです。

ひと昔前までは一部の人たちだけが楽しんでいた『コスプレ』ですが、現在は、欧米諸国や韓国、中国、台湾、香港、東南アジアなどまで拡がり、世界中のコスプレイヤー(コスプレを行う人)が一堂に会する『世界コスプレサミット』が開催されるほど。広島でも『コスカレード』など大規模なコスプレイベントが開かれ、年々その注目度は高くなっています。

そんな最先端の文化『コスプレ』をおてがる体験!!

この授業では、コスプレ歴15年の広島ベテラン・コスプレイヤーであり、広島オタクマップ 代表の川崎まみさんを先生に迎えます。

コスプレイベントに参加する際のルールやマナー、現在のコスプレ事情から、コスプレで町おこしが成功した例など、コスプレが持つ魅力と可能性をビギナーにもわかりやすくレクチャー!

しっかりコスプレ文化を学んだあとは体験授業へ。

今回は、川崎先生が所蔵する秘蔵コスチュームを特別にお借りします。学生ひとりひとりのキャラクターにあったコスプレを川崎先生が完全プロデュース。初めての方でも、安心して『コスプレイヤー』を体験できますよ。コスプレイヤー同士で写真を撮り合ったり、他のコスプレイヤーさんとの交流も楽しみのひとつです。

日本が世界に誇るカルチャー”COSPLAY(コスプレ)をぜひ体験してみませんか!?

※今回の授業は、コスプレイベントを初心者向けの授業となります。

【授業の流れ】
12:30 受付開始
13:00 座学:「新世代の地域活性化手法! コスプレイベントの実態とその魅力」
13:40 コスプレ体験
14:50 同場所で開催中のコスカレードに参加
15:20 再集合して感想共有
15:30 終了


※当日の着用体験の衣装については、授業当選者の方に、事前に身長・服のサイズ・年齢をお聞きし、こちらで選びましたものをご着用いただきます。
※サイズに限りがある為、極端な体型の方は着用いただけません。予めご了承ください。


【集合場所】
旧日本銀行広島支店 3Fフリースペース

【持ち物】
・手鏡
・黒や茶色のパンプスor革靴
・黒や茶色のハイソックスorタイツ
・カメラ

【入場】
集合場所へは、授業開始時間までに必ず集合して下さい。
なお、10分を超えて遅刻された場合は受付終了となり、授業へ参加することが出来ませんのでご注意下さい。

【交通手段】
お車、自転車でお越しの際は、近隣のパーキングをご利用下さい。


(授業コーディネーター 安彦恵里香)

 

 

<先生>

川崎まみ / オタク系プランナー/イラストレーター

広島オタクマップ代表。 広島のコスプレ&サブカルチャーイベント「コスカレード」主催。 サブカルチャーニュースサイト「広島オタクマップ」を運営し、 ネット世代の若者やオタクを絡めた広島での地域活性化ビジネスモデルを研究している。 実績としては、 ・コスプレ&サブカルチャーイベント「コスカレード」主催 ・萌えるもみじまんじゅう「もみまん」パッケージイラスト ・メイドカフェ「めいぷりてぃ」コンセプトデザイン、ディレクション、WEB制作 等 ・広島アニメーションシティ「宮島文庫」ブックデザイン ・麻生夏子さん(歌手・女優)フランスライブ用ステージ衣装 デザイン  他 多数を手掛けている。

 

<教室>

旧日本銀行広島支店

住所:広島市中区袋町5番21号

■広島電鉄(路面電車):
広島電鉄宇品線・「袋町」駅下車、徒歩1分

■広電バス:
JR広島駅より3号線・広島西飛行場行き、「袋町」バス停下車、徒歩1分
 

1936年(昭和11年)に建てられた日本銀行のかつての営業所。
設計は、建築家・長野宇平治。地上3階地下1階、ギリシャ・ローマ建築風の古典様式で、昭和の空気をそのまま残しています。現在は「建物全体を市民主体の芸術・文化活動発表の場として活用する」という方策のもと、広く市民に貸し出し、様々な用途で使われています。現存する被爆建物の一つであり、広島市指定重要文化財。

2012年10月からの6ヶ月間、HIROSHIMA EXsiteのプラットフォームとして各種イベントが開催されています。

 

 

カテゴリ:【ファッション/日本文化 】
言 語 : 日本語のみ
定 員 :10人

参加対象:オトナ もしくは 大学生以上

 

 

 

 

 

 

 

Share on Facebook
Share on Twitter
Please reload

最新記事

Please reload