あの歴史の偉人も訪れた!「恋しき」の全貌を体感しよう

あの歴史の偉人も訪れた!「恋しき」の全貌を体感しよう

府中市の中心部、1872年(明治5年)に創業した料亭旅館「恋しき」。その名前は「恋一式」から由来したもの。奥深さや色気を感じるネーミング、昔の方がつける名前はお洒落ですね。とても貴重な町家建築を、今回はこの建物をよく知る朝野さんにたっぷりとご案内いただきました。 集合した場所は四季折々を感じることができる日本庭園へ続く、「北玄関」前。府中の古い邸宅は北玄関が多いそうなのですが、なぜ玄関が北にあるのか。そこにこの建物の成り立ちが大きく関係しているとのこと。さっそく期待が高まります。まずは建物の外観から。3階までで全て違うデザインの手すり、うだつを模したような指物の看板や整列した