「Machi+Goto」見学会&DIY&おそうじ

春の陽気にDIY

昨年夏からリノベーションを行ってきたMachi+Goto。壁に漆喰を塗った9月の授業に続き、今回は2回目のDIY授業です。Machi+Gotoの写真がスライドショーで流れる座敷で、ゆったりと授業が始まりました。

まず、Machi+Gotoの取り仕切りを取仕切り行っている河野さんが、立ち上げの経緯、間取り、本日の流れを説明。昨年クラウドファンディングで募金をし、半年かけてDIYをして今に至るそう。 Machi+Gotoの建物は、実際に大田先生が2012年から住んでいた町家。結婚をして赤ちゃんが生まれたのを機に、2017年3月に引越し。翌月からひろしまジン大学に引き継がれました。

懐かしさが堪らないこの町家は、なんと築100年程になるそう。戦前からの建物が残る草津ならではの建物です。町家暮らしと聞くと憧れますが、様々な箇所にひずみや歪みがあり、隙間だらけ。住むのは、湿気と寒さとの戦いで、なかなかハードだったとのこと。 そんなエピソードを聞いた後、実作業へ。4月中にOPENということで、今回が最後の大きなDIY作業。シャワールーム前の壁の板張りを作業を行います。