江波発!じっくりと味わう、クラフトビールの世界。

自分に合ったビールを見つけて欲しい

暦の上では春といえども、まだ肌寒い春分の日のAM11:00。 広電江波電停そばの「FuelStore」に集まったのはビール好きな大人たち。

今日の授業では、江波で小規模にクラフトビールの醸造を行うマイクロブリュワリー「Session's Brewery」の新江克樹さんを先生に迎え、ビール作りのお話を聞くだけでなく、工場見学&製造体験もさせていただきます。

授業開始と共に早速お隣の醸造所へ移動します。 しっかりと手を洗い、靴底を消毒。中へ入ると、独特な甘い香りに包まれます。

こちらではブルワーの吉松さんに教わりながら「麦芽を糖化させる」のを体験しました。

使用する麦芽は4種類(ペールモルト2種とミュンヘンとアンバー)をブレンドして挽いたもの。それぞれ一粒、試食させていただきました。香ばしくてなかなか美味。味や香りがそれぞれ違う!

麦芽をスコップですくい、釜へ入れていきます。そしてすかさず、大きな木のへらで混ぜます。これを66℃に保ち1時間ほど糖化させます。試しに麦芽を入れたばかりのものを飲むと、温かく、ほんのり甘い。という感じ。1時間後を楽しみにしましょう。

お店に戻りまして、自己紹介です。「好きなビール」も合わせて紹介します。バイツェンが好き!IPAが好き!何でも好き!と、さまざまです。

そして、ここからは座学。Session's Brewery設立の経緯や、クラフトビールについて学びます。

新江さんは、3年前にエキニシの「Sunny Day Beer」をOPENし、美味しいビールを提供しているうちに、自分たちでも造りたいという思うようになったとのこと。2018年4月に酒税法が改正され、小規模ブルワリー開業が難しくなるとのことで、法改正前の免許取得を目指して準備を進め、2月には無事取得、4月に醸造開始されました。

少ない量で色々な種類のビールを作られており、月に1回、シーズンのビールを製造。熟成させるときにドライホップの代わりに香り付けのものを入れ、さまざまな風味のビールを作るそうです。 ビールの製造方法や工程、またビールのスタイル(種類)についても詳しく教えて頂きました。(※詳しい解説はレポート最後に載せていますので、ぜひご覧ください!)

お店でつくられているビール「オイスターシティービール」ラインは、アイルランドでスタウトを濾過するのに牡蠣の殻を使っていたというのをヒントに、広島の特産でもある牡蠣の殻と身を入れて作られました。ペールエールとスタウトがあります。

Session's Breweryの定番、ラベルのイケメンが印象的な「ブルーノ」ラインはラガー、スマッシュ、シトラスがあります。スマッシュ(SMASH)は「Single Malt and Single Hop」の略で、1種類の麦芽と1種類のホップで作るIPAとのこと。

『日本ではビール=ラガーというイメージがあるけれど、自分に合ったビールを見つけて欲しい』と新江さんは語ります。

ビールの勉強をした後は、ラベル作り・ラベル貼りを体験します。今日作ったビールをオリジナルラベルを貼った瓶に詰めていただけるとのこと!ラベルを瓶に貼るだけ…なのですが、まっすぐ貼るのがなかなか難しい…。