【復刻シリーズ】だから映画は素晴らしい!~夢の映画館 八丁座の舞台裏へ~

「名作は何度見てもいい。感じ方が見るときで違うから」

今から8年前、2011年5月「だから映画は素晴らしい!~夢の映画館 八丁座の舞台裏へ~」授業を復刻して開催された今回の授業。先生に支配人の蔵本健太郎さん、教室は八丁座映画館、そして参加者として八丁座・サロンシネマファンのみなさんが集まりました。全90分間の授業にはどんな展開が待っているのでしょう。

授業が始まる前からみなさん、テンションUP! 事務所に続く一室には、『ローマの休日』『プリティ・ブライド』『シティー・オブ・ゴッド』などなど、棚に所狭しと映画パンフレットが並べられています。実はここ、どなたでも見学できる場所なんです。旅行かばん型の『かもめ食堂』のパンフレット、私も持ってます!

授業は、好きな映画の紹介と参加者のみなさんの自己紹介から始まりました。『裏窓』『人生フルーツ』『ドリーム』『ノッティングヒルの恋人』など、映画好きのみなさんから出てくる映画はクラシックやドキュメンタリー、ラブコメディーと幅広い!

どのような経緯で映画館の仕事をするようになったのか、蔵本さんの映画館への想いを伺いました。

いまでは年間300本もの映画を見ている、蔵本健太郎さん。小さいころから映画館に遊びに行っていたものの、蔵本さんにとって祖父の代から続く映画館は、ただ親のやっている仕事という認識だったそう。

「映画を多くの人に伝える側になりたい!」 転機となったのは東京で就職して働くも悩んでいた時期。当時ミニシアターブームもあり、映画館に通う日々のなか、たくさんの映画に救われたそう。広島を離れたからこそ感じる、家族が運営する映画館の良さ。映画を伝える側になるべく、2004年に八丁座・サロンシネマを運営する株式会社序破急に入社。蔵本さんの映画とともに歩む人生が始まりました。

「サロンシネマの客席の椅子に1つ1つ記されている映画のセリフを見るのが好きで、全てを一覧で見ることができますか?」「おじいさんが運営されていた時代はどこに映画館があったんですか?」「八丁座とサロンシネマで上映している映画はどう選ばれているんですか?」と質問が飛び交いました。ちなみに八丁座では主に一般向け、サロンシネマでは映画ファン向けの映画をセレクトして上映していて、毎日営業終了後に行うスタッフだけの試写会でどの映画にするかを決められているそうです。

非効率、非日常をコンセプトに、多くの方が気軽に映画を見ることができる場所でありたいという思いから、江戸時代の芝居小屋をイメージして作られた八丁座館内にはこだわりが各箇所に。こちらの「松の廊下」のふすま絵は、京都東映撮影所から譲っていただき『十三人の刺客』で使われたもの。京都から八丁座まで車で運んできたという思い出を話してくださいました。

私たちが入場する際にはなかなか見られない、入場扉の表絵。こちらにも実はこだわりが。京都東映撮影所大道具美術にお願いして作られた扉は、全部1枚の絵になっているんです。四季によって色づくもみじが描かれています。映画を見る前に少し早めに映画館に入って、館内を歩いてみるのもいいですね。

いざ、八丁座・弐の劇場内へ。どの席が見やすいかなあ、好きな座り心地はどこかしら。みなさん、思い思いに映画館での自分のベストポジションに座られます。「映画のベストポジションは映画館である」という思いから、椅子を主役にした空間作りになっている八丁座。実は開発に1年以上もかかり、広島の木工家具メーカー、マル二木工の技術が結集されています。

ちなみに、蔵本さんはお客さんのリアクションも見ることができる、カウンタ